The Motley Fool

シンガポール株式投資で注目される3つの成長分野

モトリーフール・シンガポール支局、2018年12月20日投稿記事より

シンガポール株式市場で、長期投資家が掘り出し物を見つけるために注目しておくべき成長分野を3つ紹介します。

膨大な量のデータ

このような記事から、大企業が作成するオンライン資料まで、私たちは常にたくさんのデータを作成しています。シーゲイトは、2025年には世界中で作成されるデータが2017年に作成されたデータ量の10倍にもあたる163ゼタバイトに増加すると予測しています。

データの爆発的な増加は、新しい産業を育成し、それらを成長させています。シーゲイトの最高経営責任者、スティーブ・ラックゾはビッグデータについて以下の内容を発表しました。

「新しい研究から、ビッグデータの時代が来ているということがわかりますが、実際にはデータの価値は知られておらず、大幅に過小評価されています。面白いのは、ロボット工学や新しいビジネス、新しい考え方、新しい生態系が社会や経済に大きく影響を与えているということです」

データセンター、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、人工知能と機械学習技術を利用したデータ分析などの産業は、データブームの恩恵を受けています。

シンガポールでは、データと関係している上場企業は、データセンターを持つケッペルDC REIT(ティッカー:AJBU)、サイバーセキュリティを提供するスターハブ(ティッカー:CC3)とシンガポール・テクノロジー・エンジニアリング(ティッカー:S63)です。

特に、ケッペルDC REITは今後数年間でさらに成長する可能性があります。同社は、2017年第4四半期決算発表時に以下のように述べました。

「ケッペルDC REITが投資しているシンガポール、シドニー、アムステルダムなどの都市を含む多くの重要なデータセンターのハブにおいては、依然としてデータセンターの需要があります。データセンターのキャパシティーの需要は、クラウドサービス提供者の増加、商品を使用するエンドユーザーの新技術利用によるデータストレージと処理の増加によって支えられています」

シンガポールは信頼できるネットワークの接続性、金融中心地としての地位、多国籍企業の集中、政府の支援、政治的安定性、投資先としての魅力などの理由から、重要なデータセンターのハブとなっています。2014年から2021年にかけて年間23.6%の成長が見込まれています。長期的にケッペルDC REITの需要は好調に上がっていくでしょう。

ユニークなスポーツ

eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)はボール、スタジアム、草のフィールドなどを必要としないスポーツです。

eスポーツはプロのゲームプレーヤー間で行う対戦です。競技者はビデオゲームで対戦します。その会場に観客がいたり、オンラインで視聴者が見ていたりします。

eスポーツのファンは、ユーチューブのゲームチャンネルやウェブ上にあるゲーム専用チャンネルのトゥイッチから視聴します。最も人気のあるゲームはDota 2、Legends of Legends、Counter Strike:Global Offensiveです。2021年までに、世界のeスポーツ視聴時間は90億時間を超えることが予想されています。

多くの視聴者がいることから、企業がこのスポーツに目をつけていることは驚きではありません。eスポーツは、その収入をスポンサー、広告、ゲーム製作者の費用、チケットやグッズの販売から得ています。eスポーツ業界は今後成長し続けると予想されています。2019年までに12億米ドル、2021年には17億米ドルの売上を達成すると見込まれています。

eスポーツは今後世界的な注目を集めていくでしょう。2022年のアジア競技大会ではメダル競技となり、これによってオリンピック競技に一歩近づくかもしれません。

アジア太平洋地域では、eスポーツの視聴者数が世界市場で最も急速に増えています。通信会社であるシンガポールテレコム(ティッカー:Z74)はeスポーツ業界の関連会社です。今年の10月に賞金が30万米ドルのマルチタイトルおよび地域リーグであるPVP eスポーツチャンピオンシップを開始しました。eスポーツがシンガポールテレコムの全体的なビジネス大きく動かすことはできないかもしれませんが、今後eスポーツがどのように成長していくか見守っていくこと面白いでしょう。

学生向け住宅

最後に紹介する成長分野は、学生専用住居(PBSA)産業です。PBSAは高等教育の学生のために設計されたアパートのコミュニティです。これらのコミュニティには、学習エリア、家具付きの部屋、ルームメイトのマッチングなどが含まれています。

オーストラリア、米国、英国などの主要市場では、学生数に対する住宅供給が6%から24%と低いです。

たとえば、オーストラリアでは18歳から25歳までの人口が2016年から2026年にかけて104,000人増加し、オーストラリアの大学生数が増加すると予測されています。需要が高く供給が少ないため、PBSAに関わる企業は利益を得ることができるでしょう。

シンガポールのPBSA業界に投資している上場企業は、センチュリオン(ティッカー:OU8)、シンガポール・プレス・ホールディングス(ティッカー:T39)、ウィー・ハー・ホールディングス(ティッカー:E3B)です。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事