The Motley Fool

株式の注文の基本、「気配値(板)」の読み方を解説。気配値を見ることで何がわかる?

株式投資を経験したことがある方なら一度は聞いたことがある気配値(板)。

株式を売買する上で非常に重要な情報であり、これを知らなければ思うように取引をすることができない場合もあります。

しかし、あまり深く考えずにこれら情報を眺めているだけの方は非常に多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、株の気配値(板)情報の読み取り方からその使い方まで詳しく解説していきたいと思います。

株の気配値とは

気配値とは、「板(いた)」とも呼ばれ、どの価格帯に売り買いの注文がどれだけ発注されているのかを確認するためのツールです。

板(気配)は、現在市場に出されている売買注文状況はもちろん、買い手、売り手の優劣、今どのような価格、数量で注文を出せば売買できるのかを一目で理解することができます。

気配値はどのように見れば良い?

株式の発注画面を表示する際に下記のような板情報があったとします。

気配値が株価を表し、売気配株数・買気配株数が対応する株価で何株の注文が出ているのかを表しています。

この時の株価を1,000円とすると、1,000円の売気配株数に青色で1,000株と表記されていますので、ここでは、1,000円で1,000株の売り注文が発注されていることが読み取れます。

一方、赤字で1,000と表記されているのが999円で1,000株の買い注文が出ていることを意味します 

売気配株数 気配値 買気配株数
1500 1020
1100 1015
2800 1010
1100 1005
1000 1000
999 1000
998 1300
997 1300
996 700
995 300

 このように、気配値からどの価格帯にどれだけの株数が発注されているのかを一目で確認できるようになっています。

 気配値を見ることで何がわかる?

 対象銘柄が上下どちらに行くか予測可能

気配値から、対象銘柄がこれから上昇するか下落するかをある程度予測することが可能です。

前述の表にて、売気配株数のほうに大量の売却注文が見えていれば、これから下がる可能性がありますし、逆に買い気配の方に注文が多ければ、これからの上昇を期待することが可能です。

また、上昇トレンドにおいて、ある価格帯で大量の売り気配が見えた場合、そこでいったん天井を打つ可能性がありますので、その場合はいったん売却するなどの投資判断を検討することもできます。

逆の場合も同様に、底を打ったと判断したら買い注文を入れることができます。

発注方法を決めることができる

株式の発注方法には、「成り行き」もしくは「指値」を選択することが可能です。

発注株数が少なければ約定単価が分かれることはあまりありませんが、売買金額が大きい場合はそうはいきません。

銘柄によっては、板が薄すぎてほしい株数分取引をすることができない場合があります。

板が薄い状態で成り行き注文を発注してしまうと、約定単価が分かれてしまい、場合によっては大きく株価が動いてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

こういった場合は、指値で注文を発注するようにしましょう。

注文の発注を一括で出すか分割で出すべきかわかる

また、指値をする場合に注意が必要なこととして、自分が発注した株数で板を厚くしすぎないようにすることが挙げられます。

例えば、売り買い気配で板に1,000株ずつしか注文が見えていないのに、一気に5,000株の注文を出してしまうと、ほかの投資家は、これ以上株は上下しないと予測し、自分の予測とは逆の方向に株価が動いてしまう可能性があります。

その場合、ほしい株価で約定できなかったり、約定できたとしても内出来で一部しか約定が付かず、ほしい株数が売買できない可能性がありますので注意が必要です。

ストップ高・ストップ安を付けた銘柄の株価予測

ストップ高・ストップ安は、好悪材料によりこの気配値が片方に大きく偏ることで発生します。

株式の値幅制限を正しく理解しよう。ストップ高・ストップ安について解説

これは、単日で終わる場合もありますが、連日で株価がストップ値幅まで動く場合があります。

そういった場合、いつストップ取引が終了するのかを気配値から読み取ることができます。

例えば、初日に売り気配100万株、買い気配17万株でストップ安した銘柄があったとします。

この場合、売り板がまだまだ厚ので、翌日もストップ安まで行く可能性が予測できます。

しかし、翌日、50万株の売り気配に対して、買い気配が40万株の状態でストップ安した場合、それぞれの板の状態が拮抗してきましたので、翌日株価が寄り付くことが予想できるのです。

最低限の知識を備えて投資を有利に進めよう

気配値は、株を売買するうえで非常に重要であり、基礎中の基礎です。

基礎がおろそかになっていると、どれだけ応用を勉強し身に着けても意味はありません。

これが分かっていないと市場の思惑とは逆の方向に投資判断を決定してしまうかもしれませんので、最低限の基礎知識は付けるようにしましょう。

まとめ

以上より、株の気配値(板)をひも解くことで、売買のタイミングであったり、株の値動きの予測に必要な様々な情報を得ることができますので、投資判断を有利に運ぶことが可能です。

株式投資は博打ではなく確率を上げていくことが可能なので、それを上げるための手段を多く持っていなければ勝負にもなりません。

できるだけ多くの板情報を読み解く癖をつけ、傾向と対策を身に付けていきましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事