MENU

少額からの投資にオススメ!「ミニ株」のメリット・デメリットについて解説

株式投資をしたいけれども投資資金が限られている。

まずは小額から投資を始めて練習してみたいと考えている方にお勧めなのが「ミニ株」といわれるものです。

普通の株式とは取り扱い方が違うため、仕組みをきちんと理解する必要はありますが、小額から投資可能なため、定期的に積み立てることも可能です。

では、実際にミニ株とはどういったものなのか。特徴とメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

ミニ株とは?

一般的に、株式は単元株で売買されます。

株価が比較的安い銘柄でしたら資金力が低い方でも売買することが可能ですが、値嵩株になりますと、100万円以上でないと買えなかったりする銘柄もあります。

その点、このミニ株は、株を売買単元の10分の1から取引できるようになっているため、投資資金をあまり必要とせず始めることができるのです。

これは、証券会社が独自に開発・提供しているサービスなので、ミニ株ができる証券会社とできない証券会社が存在します。

ミニ株と単元未満株の違い

ミニ株と単元未満株の違いは、ミニ株とは単元株数の10分の1の株数で株を買えるのに対し、単元未満株は、1株から株を買えるのが大きな違いとなります。

また、ミニ株は小額投資をしたい方が売買するためのシステムであるのに対し、単元未満株は増資やM&Aにより端株が生じてしまうことで保有することになるため、そもそもの趣旨が異なるのです。

ミニ株のメリット

小額から投資が可能

単元株だと高すぎるという方でも、ミニ株なら比較的小額から株式投資を始めることが可能です。

定期的に積み立てることで時間分散することもできますので、リスクを低減させる効果も期待できます。

将来的な単元株の取引の練習になる

株式投資はリスクがあるから嫌だ、投資初心者なのでよくわからないけど小額から始めたいという方は、投資の練習としてミニ株を始めるのも面白いかもしれません。

ミニ株のデメリット

取り扱い証券会社が限られている

現在「ミニ株」を扱っている証券会社は少なく、同様のサービスが1株から投資できる「単元未満株」投資に置き換わっている感があります。

手数料が高い

証券会社では、株式の売買に応じて所定の手数料を支払わなければなりません。

これは、約定金額が高いほど割引されます。しかし、ミニ株の場合、一回の約定金額が小額になることから、手数料が割高になる可能性がありますので注意が必要です。

証券会社ごとに株式売買における最低手数料というものが設定されているので、必ず確認すようにしましょう。

売買可能時間が決まっている

単元株ならば、市場の立会時間中ならいつでもその時の値段で売買が可能です。

しかし、ミニ株の場合、単元株未満ですので、売却可能時間が決まっています。

これは、証券会社ごとに異なりますので、必ず確認しておきましょう。

扱い株の制限

ミニ株は、証券会社独自のサービスとなりますので、すべての銘柄が対象となっているわけではありません。

証券会社ごとに売買可能銘柄が異なりますので注意しましょう。

株主優待がもらえない

株主優待制度は、基本単元株以上保有していないともらうことはできません。

ミニ株は単元株未満となりますので、株主優待はもらうことができません。

優待を狙いたい方は、勘違いして買い付けないよう注意しましょう。

成り行き注文しかできない

前述の通り、ミニ株は立会時間中での売買はできません。

売買する時は、証券会社のルールに沿って発注する必要があり、また、成り行き注文でしか売買はできません。

薄利になる

ミニ株は、小額投資になりますので、投資した銘柄の株価がどれだけ値上がったところで利益はそこまで出ません。

利益をより追求したい方にとっては物足りないと思いますので、そういった方は普通に取引をした方がいいでしょう。

ミニ株に優待や配当はつく?

株主優待は、対象となる各企業がある一定の株数を保有している株主に対して行う株主還元策です。

このある一定の株数とは、一定の単元株のことを意味しているので、単元株以上でないミニ株では優待を受け取ることができません。

一方、配当金の場合、これは一株に対して支払われますので、保有している株数だけ配当金を受け取ることが可能です。

ミニ株はどのように始めればいい?

ミニ株サービスを利用したい方は、証券会社での口座開設が必要です。

しかし、すべての証券会社でこのサービスが行われているわけではないので、口座開設する前に、ミニ株を取り扱っているのか確認しておくことが必要となります。

また、証券会社ごとに手数料や取り扱い銘柄も違ってくるので、始める前にしっかりとグリップしておきましょう。

まとめ

以上より、ミニ株投資は主に投資初心者向けの手法といえます。

取り扱い銘柄も限られ、手数料が高く、売買時間が限られているという面においても、選択の自由が限られているので、このサービスを利用したい方は、慎重に検討したほうがいいでしょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事