The Motley Fool

住宅は、借りるべきか買うべきか?

マイホームは多くの人の夢です。ただ、夢を追いかける前に、賃貸とマイホーム購入のメリットデメリットを今一度考えてみてください。

賃貸のメリット

見逃されやすいのですが、賃貸には5つの大きなメリットがあります。

  1. いろいろな人生の転換に対応できる

人生のある時点では、子供の学校や新しい仕事などの関係で、別の場所に引っ越しする必要があるかもしれません。賃貸は持ち家に比べ、はるかに少ない手間で引っ越しが可能となります。しかし、持ち家であれば、貸すまでの手続きや貸した後の管理等が重荷になる可能性があります。また、持ち家を貸す場合は、一定期間だけ貸し出す定期借家にすることが多く、そうなると家賃も通常家賃よりも割安になってしまいます。

  1. 減価償却・維持費を気にする必要がない

不動産価格は市況の良いときは上昇するかもしれませんが、家屋は減価し、実際維持費もかかります。賃貸の場合は、こういった費用について心配する必要はありません。

  1. 上記と関連して、維持費や住宅ローン支払いといった所有するコストに対し、家賃の方が安い場合もある。

「賃貸することは、家主のために住宅ローンを払っていることと同じ」とも思え、そうなると損した気がします。やはり、借りるよりも不動産を買った方が長い目で得なのか、と思うでしょう。実際に、家賃と毎月の住宅ローンの支払い(維持費、固定資産税も加えて)天秤にかけてみてください。

マイホームも自身の資産のポートフォリオのひとつ

このように所有する費用と賃貸費用を天秤にかけることのそもそもの理由は、マイホームも投資のひとつとして考える必要があります。投資のひとつとして考える以上、ポートフォリオの中でどういった位置を占めるのかを考えてみましょう。

マイホームの購入により、株式等他の投資ができなくなるのであれば、資産価値はマイホームの市場価格次第となってしまい、リスク分散ができなくなります。株式や現金といった他のアセットとのバランスをみながら、自身の資産の中における、不動産の比率を見つめなおすことも重要です。

株を買ったり、現金を十分確保せずに、バブル期に高い金利でマイホームを購入した人は、高い利払いに四苦八苦しながら数十年かけて借金を完済しても、売却時には半額以下になってしまった話は耳にします。もしバブル期に、現金、株、不動産等の資産配分のバランスをとっていれば、バブル崩壊ですべてやられずにすんだはずです。マイホームも、現金、株といったアセットアロケーションの中で検討してみてもいいかもしれません。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事