The Motley Fool

お得な割安株を見つける指標のPERとは?数字の目安や注意点と一緒に解説

投資をするのですから、少しでも割安な株を探したいのは当然です。

お得になる株を探そうとすると、PERという単語を見かけたかもしれません。

PERは割安な株を探すのに関わってくる、重要な数字になります。

しかし、PERだけに注目して投資する企業を選ぶのは危険です。

そこで今回はPERとは何か、詳しく解説していきます。

他にもPERの計算方法や数字の見方、目安、注意点なども解説していきます。

この記事を読めば、PERに関する知識が手に入り、企業の新しい見方や株への知識が深まるはずです。

PERとは

PERとは、会社の利益と株価の関係を表す数値です。

Price Earnings Ratioの略称で、日本語だと株価収益率になります。

株に限らず、一般的にお得な物を購入するのが賢い方法だと言われています。

株の世界でも同じ考え方があり、割安な株を買った方が後々得になると考えられています。

そんな割安の株を購入する目安となるのがPERなのです。

PERを比較する事で、その企業の株が他の階車と比べて割安なのか、お得なのかを見極める事が出来ます。

PERの計算方法

では、実際にPERの計算方法を説明します。

PERの計算方法は

時価総額÷純利益

もしくは、

株価÷1株当たりの利益(EPS)

で、算出されます。

時価総額は株価を発行済みの株式の数をかけ合わせた数字で、EPSは純利益を発行済みの株式の数で割った数字です。

そのため、どちらの式を使っても意味は同じになります。

企業の規模を知るのに重要な「時価総額」とは?計算式や見方を詳しく解説

文字ばかりだと分かりづらいので、数字を用いてみましょう。

仮に、時価総額20億円の企業の純利益が4億だったとします。上記の計算式に当てはめると、

20憶÷4億=5倍

となります。この場合、PERは5倍となります。

または、株価が200円で1株当たりの利益が40円だとします。上記の計算式に当てはめると、

200円÷40円は5倍

となります。この場合、PERは5倍となります。

PERの見方と目安

次にPERの見方と目安について説明します。

PERの見方

1株当たりの利益とは、その企業が1年間稼いだ純利益の配当になります。

200円で購入した株のEPSが40円だった場合、1年保有すると40円の利益が入ります。

仮に、毎年同じだけの純利益を稼いだとしたら、株を購入した資産と同額の利益になるには5年必要になります。

つまりPERとは、購入した株の投資資金が何年で回収できるか、という目安にもなります。

PERが10倍なら10年、20倍なら20年かかる事になります。

仮に同じ株価の企業があってPERが片方は5倍、もう片方は10倍だとします。

数字が大きいのは後者の企業ですが、PERは投資資金が何年で回収できるかを表しているのです。

毎年同じだけ純利益を出したとしたら、前者は5年で回収でき、後者は10年で回収するという事になります。

早期に投資資金を回収できる、前者の企業が得だと分かります。

PERの目安

日本企業のPERは平均すると15倍と言われており、15倍以下なら投資するべきだという意見もありますが、15倍は投資する目安にはなりません。

なぜなら、PERは業種によって平均値が大きく違ってきます。

2018年12月の業種別PERを例に挙げると、水産・農林業は13.6倍ですが、鉱業は33.5倍、不動産業は9.6倍と数字に差があります。

IT業界の株の中には、PERが100倍といった企業もあります。

参照:日本取引所グループ

重要なのは、その業種における平均PERに対して、その企業のPERがどうなっているのかという事です。

PERを見るときの注意点

割安な株を探したい時に役立つPERですが、いくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。

同業種でのPERを確認する

上記にもあるように、PERは業種によって違います。

PERが日本企業の平均PERよりも低いからといって、本当に割安な株とは限りません。

PERの低い業種で、業種の平均PERと比較したら高い企業という可能性は十分考えられます。

PERだけでは投資判断はできない

一般的に、取引所などで掲載されているPERは「1年の純利益」を基に計算しています。

そのため、今年偶々大きな仕事や特許を取ったから純利益が伸びて、PERが下がって割安な株となったというケースもありえます。

PERだけを見て、投資するのは危険です。

表面的なPERだけを追いかけるのではなく、その企業の本質的なPERを見つけましょう。

そして、PERだけでなく他の指標や数字を含めて、多面的な視点をもって投資の判断を下しましょう。

なぜなら、PERは企業の成長率によって簡単に変化してしまいます。

PERは低ければいいというわけではない

今までPERが低いと割安な株でお得と説明して来ましたが、必ずしもそうとは限りませPERが極端に低い株には、低いなりの理由があります。

例えば、今後の業績が悪化しそうだと判断されているために株価が下がっている場合や、資産の売却を行って純利益を増やした場合が考えられます。

いくらPERが低くても、経営状態が厳しい企業の株を買うのはリスクが高いです。

また、PERが高くても買った方が将来的に得をする株もあります。

例えば、現時点でPERが20倍と割高な企業でも、純利益が20%ずつ上昇すれば16倍、さらに翌年には14倍と減ってきます。

純利益が上昇し続けるとは限りませんし、株価がずっと同じ可能性は低いですが、企業が成長する事でPERが減っていき、割安株になる場合もあります。

繰り返しになりますが、PERだけを見て株を購入するのは危険です。

企業の実態は、様々な数字から読み取る事が出来るので、しっかりと調べてから購入しましょう。

低PER株に投資するバリュー株投資

投資のスタイルは人それぞれですが、PERが低い株に投資するバリュー株投資というスタイルがあります。

バリュー株とは、株が本来持っている価値よりも株価が低い株を指します。

見極めるポイントとしては、今回紹介しているPERの他に、株価純資産倍率のPBR、株価キャッシュフロー倍率のPCFRなどの指標を用いて判断します。

バリュー株は、企業の価値に比べて株価が低い株です。

保有していれば、いずれ株価が上昇して企業の価値に釣り合う可能性があると考えられています。

そのため、バリュー株を買う人は短期での売買を考えず、長期的に保有しているケースが多いです。

ですが、株価は世界経済や市場の動向によって変動します。

長期的に保有していても、何かのきかっけで株価が半分以下になるというリスクがあるのを忘れないようにしましょう。

まとめ

以上がPERの解説になります。

自分が稼いだお金で投資をするのですから、少しでもお得な株に投資したいのは当然です。

しかしPERばかりを追いかけて投資するのは危険です。

PERだけでなく、他の数字や目安を調べていき、投資する価値がある企業を自分で見つけましょう。

今回の記事を読んで、その助けになれば幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事