The Motley Fool

株価が割安かどうかを調べるPBRとは?注意点や計算方法も詳しく解説

株を購入するにあたって気になるのは、その株が今の価格でお得かどうかという事です。

折角投資を始めるのですから、やはりお得で割安な株を中心に買いたいと考えます。

その見極めに役立つのがPBRです。

PBRは株価が割安なのか、割高なのかを見極めるのに役立つ指標です。

多くの投資家が購入する際の指標として重要視しています。

今回はそんなPBRとは何なのか、PBRの計算方法、PBRの見方や目安、そしてPBRの注意点について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、PBRに関する知識が手に入り、株や企業の分析が上達するはずです。

PBRとは

PBRとは、企業の株価が企業の価値に対して割安なのか、割高なのかを見極める指標です。

Price Book-value Ratioの略称で、日本語だと株価純資産倍率となります。

PBRの場合、企業の価値とは純資産の事を指します。

純資産は企業が持っている総資産の中から、返済義務のある他人資本を引いた、自己資本の事を指します。

自己資本の中には株主が購入した時の資金が含まれており、自己資本を発行済みの株式数で割ると、1株あたりの純資産が算出されます。

1株あたりの純資産はBPSと略称されます。

PBRは、株価が1株当たりの純資産から見て何倍なのかを計り、割安なのかどうかを判断できます。

PBRの計算方法

PBRの計算式は、

株価÷1株あたりの純資産(BPS)、

となります。

上記にもあるように1株あたりの純資産の算出方法は、自己資本を発行済みの株式数で割ります。

つまり、

株価÷(自己資本÷発行済みの株式数)

となります。

文字だけだと分かりづらいので、数字を用いて説明します。

仮に、株価が300円、BPSが150円の企業があったとします。

この企業をPBRの計算式に当てはめると、

300円(株価)÷150円(BPS)=2倍(PBR)

となります。

また、株価が300円、BPSが600円という企業があったとします。

PBRの計算式に当てはめると、

300円(株価)÷600円(BPS)=0.5倍(PBR)

となります。

PBRの見方と目安

次に、PBRの見方と目安について説明していきます。

PBRの見方

PBRは、現在の株価が1株当たりの純資産の何倍で買われているかを表しています。

企業の持っている価値の2倍、3倍で購入されている株は、株価が適正価格で買われている事から割高。

逆に価値の0.5倍、0.2倍と1倍を下回って購入さている株は、株価が適正価格で買われているから割安となります。

つまり、PBRは1倍を基準に、1倍を上回れば割高、1倍を下回れば割安となります。

PBRの目安

一般的にPBRが1倍以下の企業は割安でお買い得と言われています。

その理由は、1倍以下の企業は、企業の価値を正しく認められていないだけで、時間をかければ1倍に戻る可能性があるからです。

PBRの計算式は、株価÷BPSです。PBRが上昇する時に考えられるケースは、株価が上昇するか、資産が減るかのどちらかです。

そのため、PBRが1倍以下の企業が1倍に戻る時に、株価が上昇するというのは十分考えられます。

また、PBRが下がり続け1倍に近づく株もお得だと言われています。

PBRが下がる要因は、株価が下がるか資産が増えるかのどちらかです。

資産が増えた場合なら、増えた資産を元手に翌年以降の業績が増えていき人気を集め、株価が上昇する可能性があります。

このように、PBRが1倍以下や1倍に近い株はお買い得と言われています。

ただし、必ずしも全ての株がお得だとは限りません。

PBRを見るときの注意点

次にPBRを確認するときの注意点について説明します。

PBRは正確とは言えない

PBRを算出する時に使われる純資産は、賃借対照表の総資産から負債を引いた物です。

この賃借対照表に記載される総資産や負債は、時価では無く簿価です。

簿価とは土地や物件を購入した時の金額であって、現在の正確な市場価格ではありません。

そのため、企業は負債を圧縮したり、あるいは上乗せされているため、正確な額の負債だとは言えません。

つまり算出される株価の価値が、実際にそれだけの価値があるとは限りません。

経営状態や市場の状況が重要

PBRが1倍以下の企業は割安と言えますが、経営状態が悪ければお得な株とは言えません。

経営状態が悪く、赤字続きの会社の場合は倒産する可能性が高いです。

赤字を補てんするために資産を切り崩し、負債を減らそうとして倒産するケースはよくあります。

他にも自己資本比率が低ければ、負債が多いためちょっとした不景気でも倒産するリスクが高く、配当金を出せない企業の場合は株主に還元するだけの体力が無い危険な企業になります。

PBRが1倍以下だからといって、他の数字を見ずに購入するのは大変危険です。

また、市場経済もPBRに大きく影響します。

例えば、リーマンショックや東日本大震災などの大きな出来事が起きると、PBRは軒並み下がります。

不景気の時は投資の熱が下がり、株価は割安になります。

実際にリーマンショック時には日本の大企業でもPBRが1倍を割りました。

どの企業も1倍を下回ってしまうと、1倍以下が割安だとは判断できません。

このようにPBRは企業の経営状態や市場の現状を加味した上で、割安なのかどうか、本当にお得なのかどうか判断しなければなりません。

過去の同企業のPBRと比較する

PBRは、現在の株価が企業の価値に対して何倍で売られているかという数字です。

しかし、それは今この瞬間だけを切り取っているに過ぎません。

去年や一昨年のPBRと比べる事で、その企業の株が適正な価格で買われ続けているのか、どうして現在のPBRになっているのかが見えてきます。

そして、過去の同企業のPBRと比べる事で、これから先、株価がどうなってくるのかが見えてきます。

PBRだけでは投資判断はできない

PBRだけで投資判断するのは危険です。

では、PBRと何を組み合わせて投資判断できるかというと、自己資本比率(ROE)です。

安定した企業を見極める「自己資本比率」とは?ROEとの関係も詳しく解説

有名な投資家であるウォーレン・バフェットは自己資本比率が高く、株価純資産倍率が低い企業の株を好んでいます。

自己資本比率は、返済する必要が無い資産がどれだけあるかという割合です。

自己資本比率が高く、それをずっと維持している企業は、利益をコンスタントに出している安定した企業だと言えます。

それでいてPBRが低いというのは、経営が安定しているのに評価されていないため、これから上がってくるチャンスがある企業だとバフェットは考えているのです。

ただし、この考え方はバフェット独自の物であり、必ずしもそうなるとは限りません。

また、バフェットは長期に渡って株を保有するタイプの投資家のため、真似したからといってすぐに上がるとも限りません。

PBRはあくまで指標の一つとして利用するべき

このように、PBRだけを見て投資判断するのは危険です。

しかし、PBRと他の指標を組み合わせて見る事で、その企業が投資するだけの価値があるかどうかを判断する材料にはなります。

PBRが低いという理由だけで株を買うのではなく、PBRが低いのは何故か、と考える所から始めてみましょう。

まとめ

以上がPBRの解説になります。

PBRは企業の状態や評価、将来性などを推し量る目安になります。

PBRばかりを見て投資するかどうか決めるは危険ですが、企業を見極めるには役立つ材料です。

今回の記事を読んで、株式に対する興味が湧いたら、幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事