The Motley Fool

【米国株動向】割安の配当株3選

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、20211010日投稿記事より

現在の市場で割安な配当株を見つけるのは困難ですが、人気のない事業分野や、短期的な問題で動揺がみられる分野の企業であれば、割安株が確かに存在します。

株式市場のコンセンサスに逆らうことを厭わない投資家向けに、検討する価値のある割安の配当株を3銘柄ご紹介したいと思います。

迅速配送サービス業界のリーダー

フェデックス(NYSE:FDX)は、業績が予想を下回り、当面の業績予想も悲観的であったことから、この数週間で株価が下落しましたが、忍耐強い投資家にとっては割安な株価で同社の株式を獲得する良い機会かもしれません。

直近の株価は223.44ドル(執筆時点)であり、アナリストによる2023年度1株当たり利益(EPS)予想額22.27ドルに基づく株価収益率(PER)はわずか10倍です。

現在の市場全体の予想PERが約22倍(執筆時点)であることや、同社の今後5年間の利益成長率が年率12%近くになると予想されることを考えれば割安といえます。

同社の現在の四半期配当は1株当たり75セントです。

全体としては時とともに増加してきましたが、毎年増配を行っているわけではありません。

足元の配当利回りは約1.3%ですが、長期的な増配の可能性を考えれば、それほど悪い水準ではありません。

短期的な課題はあるものの、配当性向がわずか15%であることから、増配を続けることは可能と思われます。

健全なバランスシートを持つ不動産融資会社

ブロードマーク・リアルティ・キャピタル(NYSE:BRMK)は、建設業界向けの不動産融資を専門とする企業であり、リノベーションローン、プロジェクト完工ローン、ブリッジローンなど、伝統的な不動産融資ではカバーしていない分野の融資を行っています。

同社の事業はリスクがやや高く、おそらくそれが同社のPERが実績ベースで約15倍、2022年予想利益ベースで10倍と割安である理由です(執筆時点)。

同社は不動産投資信託(REIT)の形態をとっているため、利益の90%以上を配当として支払う必要があります。

割安な株価とこの配当要件のおかげで、同社の配当利回りは8.4%(執筆時点)となっています。

同社の予想利益成長率が実現されれば、この配当要件により配当の増加も期待できますが、リスクが高い業界であるため、予想が実現しない可能性は常にあります。

同社にはそうしたリスクのかなりの部分を相殺する2つの重要な要素があります。

ひとつは、健全なバランスシートです。

同社には一定のリース債務はありますが、有利子負債は全くありません。

リース債務も手元現金に比べれば少額であり、融資事業を営む企業としては信じられないほど健全なバランスシートとなっています。

もうひとつは融資基準です。

同社は65%を融資時点のLTV(Loan to Value:融資対象資産の評価額に対する融資額の割合)比率の上限として堅持しており、融資先に問題が発生しても、融資資金のかなりの部分が回収可能であると期待されます。

確固たる評判の保険業界の巨人

プルデンシャル・ファイナンシャル(NYSE:PRU)は岩のように盤石な事業であることを重視しており、同社のロゴにも実在する岩(ジブラルタルの岩)が使用されています。

堅実性を重視しているため、同社は市場が選好するハイグロース株のグループには属していません。それが、同社の株価が割安な理由です。

予想PERは約8倍(執筆時点)であり、利益は今後5年間にわたり年率約8%増加すると予想されています。

配当性向が25%前後である一方で、バリュエーションが低いため配当利回りは約4.2%(執筆時点)あります。

同社は毎年増配をしてきた実績がありますが、世界金融危機の際は減配に踏み切りました。

現在の配当は、金融危機前の水準をはるかに上回っています。

こうした実績から、同社が可能な限り株主に報いつつも、危機の際にはバランスシートを守ることを最優先とする企業であることがわかり、長期投資家としては安心材料となります。

長期的に保有する価値のある配当株

フェデックス、ブロードマーク・リアルティ、およびふのような配当株は、最も成長が早い企業群ではありませんが、適切な株価で購入することができれば、長期的にかなりのリターンをもたらしてくれる可能性があります。

長期にわたり保有を続ける忍耐と、保有を続ける価値があるかを検証するために経営を注視していく意欲が必要ですが、保有を続ける報酬として配当が支払われ、総合的な利回りを押し上げます。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Chuck Salettaは、ブロードマーク・リアルティ・キャピタル株、プルデンシャル・ファイナンシャル株、フェデックス株を保有しています。モトリーフール米国本社は、フェデックス株を推奨しています。
最新記事