The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】長期金利上昇によるハイテク株の売りに警戒

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:34,700~35,100ドル】

11日のNYダウは続落し、前週末比250.19ドル安の34,496.06ドルで取引を終了しました。

WTI原油先物が1バレル80台と約7年ぶりの高値をつけ、インフレ懸念による米長期金利上昇を嫌気した売りがでたのです。

とくに高PER銘柄が多く、相対的な割高感が意識されやすいIT・ハイテク株中心に売られました。

そして、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数も続落し、前週末比93.337ポイント安の14,486.200で取引を終了しています。

本日は注目度の高い経済指標の発表はありませんが、米3年債と10年債の入札があるので、金利動向に関心が集まるでしょう。

また、クラリダFRB副議長とボスティック・アトランタ連銀総裁の発言もあるので、その内容に注目です。

ただ、14時時点のNYダウ先物は140ドル安で推移しているので、本日も上値の重い展開になりそうです。

とくに、長期金利上昇によるハイテク株の売りには警戒が必要でしょう。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事