The Motley Fool

【米国株動向】ネットフリックスの新たな目標株価は740ドル?

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年10月11日投稿記事より

ネットフリックス(NASDAQ:NFLX)の株価は先週、史上最高値を更新しました。

次の四半期決算発表を目前に控えて、株価はさらに上昇すると考えるアナリストもいます。

クレディ・スイスのダグラス・ミッチェルソン氏は、目標株価を643ドルから740ドルに引き上げており、これは記事執筆時点の株価から17%増となることを示唆しています。

ネットフリックスは通常、見通しに関して保守的ですが、経営陣が7月に発表した第3四半期の前四半期比純増数350万人は確実に超えるでしょう。

ミッチェルソン氏は、ここ数週間の「イカゲーム」の世界的な成功(「ブリジャートン家」を抜いてプラットフォームで最も視聴されているであろう韓国のサバイバルシリーズ)が、10月初めからの四半期見通しに良い影響を与えるはずだと考えています。

目標株価の引き上げ

目標株価を引き上げたのは、ミッチェルソン氏だけではありません。

ベンチマーク、グッゲンハイム、キーバンクも過去2週間で目標株価を引き上げています。

クレディ・スイスの740ドルは最高値ではありません。

アトランティック・エクィテーズのハミルトン・ファーバー氏は、9月上旬に目標株価を690ドルから780ドルに引き上げています。

相次ぐ目標株価の引き上げを不自然に思う方もいるかもしれません。

ネットフリックスの競合にあたる他の有力企業は、新高値を達成していませんし、ネットフリックス自身も、前回の決算発表ではつまづいていました。

投資家は、第2四半期に米国とカナダにおける契約者数が前四半期比で40万人減少したことを懸念していました。

また、コロナウイルスワクチンの接種が普及したことで、人々が外へ出て現実世界の娯楽に戻る自由を得たことから、ストリーミングサービス全般にとって低調な時期となることが予想されていました。

しかし、最近はこれが改善しています。

人々は仕事に戻り、子供たちは学校に戻っていますが、これによってさまざまな場でネットフリックスの人気番組や映画について話す機会が増えたのです。

また、今回の株価上昇を牽引しているのは「イカゲーム」だけではありません。

ネットフリックスが夏に発表したものの、まだ実行に移していないゲーム構想や、11日にウォルマートと共同で発表した人気番組のマーチャンダイジングの機会を増やすための新しい小売構想もあります。

ゲームやマーチャンダイジングの機会に恵まれていることから、ネットフリックスは今後も成長を続ける可能性が高いと言えるでしょう。

フリーレポート配信

2021年に株価が倍になるようなポテンシャルの高い成長株を4つご紹介します。これらは、短期的なリスクは高いものの長期的に大きなリターンを目指す個人投資家向けの成長株です。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

まだ日本では知名度が低いが2021年注目の米国成長株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Rick Munarrizは、ネットフリックス株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ネットフリックス株を保有し、推奨しています。

最新記事