The Motley Fool

年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げとは?繰り下げられない加給年金も解説

豚の貯金箱
出典:Getty Images

2022年4月より、年金受給開始年齢を最長75歳まで繰り下げることが可能になります。

年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げは老後のライフプランにも関係するため、どうするべきか早めに考えておくべきです。

そこで今回は、年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げの違いについて解説します。

繰り下げられない加給年金や、繰り下げ・繰り上げの申請方法についても合わせて解説します。

年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げの違い

公的年金を受給できるようになるのは、昭和36年4月2日以降生まれの男性と、昭和41年2日以降生まれの女性は、一律65歳からです。

上記以前に生まれた方は、受給できる年齢が段階的に下がっていきますが、原則として60歳より前に受け取ることはできません。

年金受給の繰り下げ・繰り上げは、原則65歳から受け取れるようになる公的年金の受給開始年齢を早める、あるいは遅らせることを指します。

  • 繰り下げ…年金受給開始年齢を65歳から遅らせること
  • 繰り上げ…年金受給開始年齢を65歳から早めること

年金受給の繰り上げは60歳まで早めることができ、繰り下げは現時点だと70歳まで、2022年4月1日以降だと75歳まで遅らせることができます。

繰り下げ・繰り上げによる年金受給額の違い

年金受給開始年齢を繰り下げ・繰り上げすると、受け取る年金額が変動します。

例えば、65歳から年金を受け取る場合、年金受給額が毎月22万円の夫婦がいるとします。

この夫婦が年金受給開始年齢を70歳に繰り下げ、あるいは60歳に繰り上げした場合、毎月受け取る年金受給額は次のように変化します。

  • 70歳に繰り下げた場合…毎月5万円(48%増)
  • 60歳に繰り上げた場合…毎月3万円(30%減)

年金受給開始年齢を繰り下げると、貰える年金額が1ヵ月0.7%増(年間7%増)、繰り上げると1ヵ月0.5%減(年間5%減)になります。

つまり、年金は受給開始年齢を繰り下げると年間で貰える受給額が増え、繰り上げると減る仕組みです。なお、増減率は一生涯適用されます。

短期的に見れば貰える年金額が増える繰り下げの方が魅力的ですが、貰えた期間が短いと合計金額が少なくなってしまうケースもありえます。

上記の金額で、60歳・65歳・70歳で年金を受け取った場合、75歳までに貰える合計金額は次になります。

  • 60歳から貰った場合…15年間で約2,754万円
  • 65歳から貰った場合…10年間で約2,640万円
  • 70歳から貰った場合…5年間で約1,950万円

上記の結果にあるように、年金受給開始年齢を繰り下げて年金額が増えたとしても受給期間が短いと、繰り上げたときの合計金額よりも少なくなってしまいます。

上記のケースの場合、70歳から年金を貰った方が60歳、65歳から年金を受け取った場合の合計金額を上回るには、下記の年齢まで年金を受け取る必要があります。

  • 60歳から貰った方を上回るには約79歳まで受け取る
  • 65歳から貰った方を上回るには約81歳まで受け取る

厚生労働省の「簡易生命表(令和元年)」によれば、日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性が87.45歳と言われています。

上記の結果と平均寿命から考えると、年金受給開始年齢を繰り下げても繰り上げても、80歳前後まで生きていれば、同程度の年金が貰えることになります。

10年、20年先の未来は誰にも分かりませんが、健康や収入に自信があるなら繰り下げを、自信がないなら繰り上げを選択することができます。

なお、上記の年金額は計算上の数字であり、税金や社会保険料を差し引いた実際の手取り額ではありません。

加給年金は繰り下げることができない年金

年金には幾つか種類があり、加給年金は老齢厚生年金を受ける権利を得た65歳以上の年金受給者が、65歳未満の配偶者を扶養しているときに支払われる、家族手当のような制度です。

老齢年金とは別に年額約39万円給付される年金ですが、受け取るには老齢厚生年金を受け取ることが条件となっています。

しかし、加給年金は年金受給開始年齢を繰り下げる(遅らせる)ことができない年金です。

そのため、加給年金を受け取る条件を満たしている方が、70歳から年金を受給した場合、最大約195万円の年金を失ってしまう可能性があります。

もし、加給年金を受け取りたいけど貰える年金額も増やしたいと考えているなら、老齢基礎年金だけを繰り下げてみましょう。

老齢年金は老齢厚生年金と老齢基礎年金に分かれており、片方だけ繰り下げることも可能です。

加給年金は老齢厚生年金に紐づいているので、65歳になったら老齢厚生年金を貰い、老齢基礎年金を70歳に繰り下げれば、将来的に貰える年金額を増やしつつ、加給年金を貰うことができます。

年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げの方法

年金受給開始年齢の繰り上げ(早める)は、年金事務所または街角の年金相談センターにて「老齢厚生年金・老齢基礎年金支給繰上げ請求書」を提出します。

年金受給開始年齢の繰り下げ(遅らせる)は、65歳になる3カ月前に日本年金機構から送られる年金請求書ハガキを返送しなければ、自動的に繰り下げとなります。

年金を受け取りたくなったら、改めて「繰下げ請求書」を年金事務所または街角の年金相談センターに提出することで、年金受給開始年齢を遅らせることができます。

なお、老齢厚生年金、あるいは老齢基礎年金のどちらか片方だけを繰り下げたい場合は、年金請求書ハガキの遅らせたい年金の繰り下げ希望欄に丸印を記入して提出します。

そして、繰り下げを希望した年金を受け取りたくなったら、「繰下げ請求書」を年金事務所または街角の年金相談センターに提出します。

まとめ

以上が、年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げに関する解説です。

年金を早めに受け取ることを繰り上げ、遅らせることを繰り下げと呼び、将来的に貰える年金額に違いが生じます。

年金は個人の状況によって、どのように受け取るのが正解なのか異なります。

自分だけでなく、家族の年齢や健康状態、将来的に得られる収入などを考えて、年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げを決めましょう。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事