The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】小売売上高とフィラデルフィア連銀景況指数に注目

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:34,500~35,000ドル】

15日のNYダウは反発。前日比236.82ドル高の34,814.39ドルで取引を終了しました。

序盤は軟調な動きが見られたものの、前日に300ドル近く下げて約2カ月ぶりの安値圏にあったので、反発狙いの買いが入ったのです。

また、朝方に発表されたニューヨーク連銀製造業景況指数が34.3と、市場予想の17.5を上回ったことも好感されました。

そして、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は6営業日ぶりに反発。

前日比123.771ポイント高の15,161.530で取引を終了しています。

マイクロソフトやグーグルの親会社アルファベット、アマゾン・ドット・コムなど主力株が総じて上昇しました。

本日は小売売上高や、フィラデルフィア連銀景況指数などの重要指標が発表されます。

ただ、新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大が続いているほか、インフレへの警戒感も強いので、積極的な買いは手控えられる可能性が高いと考えています。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事