The Motley Fool

NYダウの週報(9月6日週)と来週の見通し

出典:Getty Images

10日(金)のNYダウは5日続落し、前日比271.66ドル安の34,607.72ドルで取引を終了。

週間では761.37ドルの下落となりました。

先週に発表された米雇用統計で、非農業部門の雇用者数が235,000人増と、市場予想の72万人増を大きく下回ったことで、新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大による景気回復の遅れが意識されたからです。

今週は、年後半の米経済成長率の見通しを引き下げる金融機関が増えました。

とくに、ゴールドマン・サックスが6日に2021年10~12月期の米GDP伸び率の見通しを引き下げ、投資家心理の重荷になっています。

ただ、緩和的な金融政策が続くとの見方から高PERの多いハイテク株は買われ、ナスダック総合株価指数は7日に15,403.44ポイントの過去最高値を更新しました。

しかし、週後半はハイテク株も売りに押され、10日のナスダック総合株価指数は、132.760ポイント安の15,115.494で取引を終了しています。

NYダウ来週の見通し

来週の経済指標では、8月の小売売上高が注目されます。

7月の小売売上高は、前月比1.1%減となり、市場予想を大きく下回りました。

米国では新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大が続いており、とくにサービス需要への影響が懸念されます。

8月も引き続き弱い内容になると見られ、市場予想は0.8%減となっています。

また、9日(木)に欧州中央銀行(ECB)は、量的緩和の縮小を決定しました。

米連邦準備理事会(FRB)も年内にテーパリングを始めると見られているので、21~22日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)への関心が高まっています。

来週はブラックアウト期間(金融政策に関する発言を禁じるルール)に入るので、金融当局者の発言も予定されておらず、様子見ムードが強まりそうです。

NYダウは引き続き上値の重い展開を予想します。そして、34,000ドル台をキープできるかどうかに関心が集まりそうです。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事