The Motley Fool

【米国株動向】ホームデポ決算で投資家が見逃したかもしれない重要ポイント

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021824日投稿記事より

 アナリストは、ホームデポ(NYSE:HD)の最新決算をあまり喜んでいませんでした。

投資家は顧客数の減少と、それがホームデポの短期的な成長にとって何を意味するのか心配し、株価は決算発表直後に5%以上下落しました。

しかし、ホームデポの事業はかつてないほど強力なものとなり、2021年下期に向けて堅調な勢いを見せています。

CEOのクレイグ・メネアはカンファレンスコールでその堅調な勢いについて話しました。

ホームデポの業績

中核市場の米国におけるホームデポの既存店売上高3.4%増は、売上高が30%急増した前四半期と比較すると弱いように感じられました。

それでも経営陣は、依然として市場シェアを獲得し続けていると述べました。

それは、翌日、ロウズ(NYSE:LOW)が同期間の既存店売上高が2%減になったことを発表したときに確認できました。

2年前のパンデミックが発生する前よりも、ホームデポの平均売上高と顧客数ははるかに増加しています。

ホームデポはこれまで2021年に120億ドルの売上を記録しており、これには最新の四半期の31億ドルが含まれます。

メネアCEOは「過去6四半期で、私たちはビジネスを340億ドル以上成長させており、私たちの市場では比類のないレベルだ」と述べています。

プロの請負業者との取引

ホームデポと同じ業界プレーヤーにとって競争相手となる、ニッチなプロの請負業者との戦いは、同社有利に進んでいます。

1,000ドルを超える高額取引の売り上げは24%急増し、キッチン、浴槽、シャワー、洗面化粧台などのニッチな製品が売れました。

全米住宅建設業者協会のリフォーム指数が史上最高値を示しているように、プロジェクトの受注残は多く、増加し続けているとホームデポは述べています。

メネアCEOは、「私たちはプロが忙しいことを知っており、プロが仕事を成し遂げるのを助けるために最高の製品を確保するために一生懸命取り組んでいる」と話しました。

伸び続ける勢い

経営陣は「短期的な販売動向を確実に予想するには、依然として市場には不確実性が多すぎる」と述べました。

それでも、第3四半期は前年に急増した結果があるにもかかわらず、わずかにプラスに転じているようです。

これは、ホームデポが2021年下期も同様に約3%増の既存店売上高を見る可能性があることを示唆しています。

経営陣は2022年以降に関して、追加のフルフィルメントセンターやより応答性の高いサプライチェーンなどを通じて、販売プラットフォームの改善に力を入れています。

これらの動きは、たとえば配達時間を短縮することなどで顧客満足度を高めることができるはずです。

そして、ホームデポが価格のリーダー的地位を維持するのにも役立ち、市場シェアを拡大し続けることができるでしょう。

経営陣は全体の目標として、「業界で最高のショッピング体験を提供し、ホームデポの価格リーダーシップ能力を拡張し、価値を生み出す部門に資本を割り当てる」と話しました。

CFOのリチャード・マクフェイルは、「これらのことを行えば、市場よりも早く成長し、株主に並外れた価値を提供するだろう」と語りました。

【米国株動向】インフレに強い配当株3銘柄

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Demitri Kalogeropoulosは、ホームデポ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ホームデポ株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ロウズ株を推奨しています。

最新記事