The Motley Fool

【米国株動向】投資家が避けるべき株価が割高な2銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021818日投稿記事より

株式市場は市場最高値を更新し続けています。

これは上昇相場が勢いを持続していることを示唆すると同時に、投資家にはきわめて割高なバリュエーションに要注意であることを示しています。

事業内容が強固に見えても、割高なバリュエーションで将来のリターンが制約され、保有するべきでないと考える2銘柄を取り上げます。

1.グッドアールエックス・ホールディングス

オンラインでの処方箋薬価の比較といったデジタル・ヘルスケア・プラットフォームを運営するグッドアールエックス・ホールディングス(NASDAQ:GDRX)の株価は、第2四半期(4~6月)の決算発表後に急騰しました。

売上高は前年同期比43%増の1億7,660万ドル、純利益は同14%増の3,110万ドルでした。

しかし営業損益は赤字であり、利益面で大きく貢献した減税措置がなければ、最終利益は再び赤字だったでしょう。

同社の過去4四半期はすべて営業赤字、そのうち2四半期は最終赤字でした。

事業は急成長しており、同社は第3四半期増収率を39%と見込んでいます。

経済が再開し診療所での診察が正常に戻れば、同社は恩恵を享受する可能性があるため、投資家には魅力的に映るかもしれません。

しかし唯一の問題点は、執筆時点の株価売上高倍率(PSR)が22倍、予想PSRでも18倍であることです。

S&P500指数のうちヘルスケアセクターに連動する上場投資信託(ETF)であるヘルスケア・セレクト・セクターSPDRファンドの保有銘柄の平均的なPSRはわずか2倍です。

バリュエーションが割高である故に、同社は調整局面で売られやすくなる可能性があります。

加えて、アマゾン・ドット・コムといったオンラインの巨大企業との競争があります。

アマゾンは、自社の低価格医薬品の販売によって医薬品事業に参入しています。

バリュエーションが割安、あるいは株価が年初来安値近辺でなければ、同社を避けるべきと考えます。

2.ツイッター

ツイッター(NYSE:TWTR)の直近四半期(4~6月)売上高は、前年同期を74%上回り11億9,000万ドルに達しました。

投資家はパンデミック(世界的大流行)による巣ごもりが終わり、株価は下落すると考えていましたが、大幅にアウトパフォームしました。

期末時点で同社の売上につながる日次アクティブユーザー数は2億600万人と、前年同期を11%上回りました。

同社は今四半期売上高を12億2,000~13億ドルと続伸を見込む一方、営業利益はよくて横ばいとしています。

利益率が低い企業は赤字に転落するまでの余裕が少なく、そうした企業への投資はリスクが大きくなる可能性があります。

同社の過去12カ月間の営業利益率は10%を下回り、過去4四半期のうち7%を上回ったのは一度だけでした。

アクティブユーザーの減少の可能性と合わせて考えると、今後の同社は迫力に欠けるかもしれません(少なくとも前四半期との比較では)。

業績好調を織り込んで、ツイッターの株価は割高になっています。

執筆時点で予想株価収益率(PER)は同社の66倍に対し、同業のフェイスブックは29倍にとどまります。

予想PSRも同社は12倍と、フェイスブックの10倍を上回ります。

現在の業績拡大ペースを維持できるかという点で疑問が残り、バリュエーションもきわめて割高であることから、同社への投資はリスクが大きいと考えます。

【米国株決算】ツイッターの2021年第2四半期決算と今後の株価の推移について

フリーレポート配信

コロナ禍で消費者が一斉にレストランや航空機の利用を敬遠した一方、在宅需要という大きな恩恵を享受し、新産業として伸びた分野もあります。過去1年で既に株価は大幅に上昇してしまいましたが、在宅関連銘柄としても、長期的な成長株としても注目できる3銘柄を取り上げます。

在宅需要で新たな産業が勃興する中、注目のコンスーマー関連3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者David Jagielskiは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、フェイスブック株、ツイッター株、アマゾン株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、グッドアールエックス・ホールディングス株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2022年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。
最新記事