The Motley Fool

【米国株動向】押し目買いの好機を迎えている3銘柄

c

モトリーフール米国本社、2021812日投稿記事より

投資家は通常、優良銘柄にはプレミアムを支払うものと考えていますが、必ずしも優良銘柄にプレミアムがつくとは限りません。

価値のある銘柄でも一時的に株価が低迷することがあります。

本稿では、有望な企業であるにもかかわらず現時点で株価が割安な3つの米国株を紹介します。

ミューラー・インダストリーズ:過小評価されている製造業銘柄

ミューラー・インダストリーズ(NYSE:MLI)は銅、真鍮、アルミ、プラスチック製品のメーカーで、傘下に圧縮機メーカーのテカムセ・プロダクツ、ガスバルブメーカーのリンカーン・ブラス・ワークス、プラスチック射出金型を製造するダイ・モールド・ツールなど、いくつかの機械製作および機械加工子会社を持っています。

同社の株価は今年5月に付けた高値から9%近く下落しています(執筆時点)。

理由の1つは、デルタ株による新型コロナ感染症の再拡大が、同社の事業運営に悪影響を与えると投資家が懸念するようになったためです。

もう一つの理由は、株価が昨年3月の安値から166%と大きく上昇したことを受け、利益確定売りが広がっていることです。

いずれにせよ、こうした株価調整は、過小評価されている製造業セクターの銘柄を探している投資家に良い機会をもたらしています。

2021年予想株価収益率(PER)は10.4倍(執筆時点)で、新型コロナの感染拡大が一巡する2022年には増収率が6%に、純利益は前期比12%増と予想されています。

2022年予想PERは9.3倍にすぎません(同)。

ロッキード・マーティン:国防予算の増額が追い風

ロッキード・マーティン(NYSE:LMT)は年間売上高が1,000億ドルの防衛・航空宇宙企業であり、F-35戦闘機やシコルスキーヘリコプターをはじめ、米国国防総省と米国の同盟国が使用する様々な防衛システムを受託しています。

また、自動車メーカーのゼネラル・モーターズ(GM)と共同で次世代の自律型月面探査車を開発しています。

ただし、執筆時点の株価は今年5月に付けた高値から8%下落し、昨年2月に付けたパンデミック(世界的大流行)前の高値を14%下回っています。

市場全体は昨年3月の安値から回復しているにもかかわらず、ロッキード・マーティンは前四半期の業績が予想を下回ったために取り残されています。

しかし、政治的な混乱やパンデミックの報道などのノイズの中でかき消されている事実があります。

それは、米国の国防予算が単に膨張し続けているだけでなく、ロッキード・マーティンにとりわけ有利な形で上積みされていることです。

バイデン政権による2022年度国防費の当初予算要求額は7,160億ドルと、前年度の7,040億ドルから小幅な増加にとどまりましたが、議会上院の軍事委員会が先月、主に戦闘機や艦艇の購入費用として要求額を250億ドル上積みしました。

国防予算は、民主党と共和党が毎年の増額で合意している分野の1つです。

【米国株動向】今最も注目すべき米国防衛関連株

パッカー:パンデミック収束の受益者

今のところ、投資家が大型トラックメーカーのパッカー(NASDAQ:PCAR)に注目するのは難しい状況です。2020年の売上高は落ち込みました。

今年は世界的な景気回復によってあらゆる種類の商品への需要が活発化しているにもかかわらず、新規トラック需要はトラック運転手の不足によって圧迫されています。

とはいえ、総合的に見れば、今後はプラス要因がマイナス要因を上回ります。

前四半期の売上高と利益は予想を上回りました。

コンセンサス予想は2021年通期の増収率を(前年のハードルが低いとはいえ)32%、2022年の増収率を12%と予想しています。

この回復により、EPS(1株当たり利益)は今後2年間でほぼ倍増する見込みです。

執筆時点の株価が今年2月に付けた高値から20%以上下落していることを踏まえると、投資家はそうした明るい兆しをまだ感じ取っていません。

しかし、2022年度予想PERが11.3倍にすぎないことから、最近の株価下落は絶好の買い場をもたらしているようにみえます。

こうした強気の見方をさらに裏付ける材料もあります。

それは、一部のアナリストが同社には1株当たり100ドルの価値があると主張していることです。

この主張は、上値余地が約25%あることを示唆しています。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者James Brumleyは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、パッカー株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ロッキード・マーティン株を推奨しています。
最新記事