The Motley Fool

【米国株動向】安定した成長力を誇る大麻関連銘柄3選

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021812日投稿記事より

マリファナ業界が今後巨大な投資機会になることは多くの投資家が認識していますが、業界が本格的に始動する前に失速した企業も少なくありません。

以下、現在極めて好調で、いったん連邦レベルでマリファナが合法化されれば、さらに大きな飛躍を期待できる大麻関連株を3銘柄紹介したいと思います。

大麻専業REITイノベイティブ・インダストリアル・プロパティーズ(NYSE:IIPR)

大麻業界向け不動産の所有とリースを専業とする不動産投資信託(REIT)です。

専門分野が何であれ、すべての大麻関連企業は栽培施設、飲料工場、小売店舗など、事業を行うための不動産を必要とします。

そこに大麻物件専門の賃貸業者の存在意義があります。

また採算が取れにくいという業界特性から、多くの大麻企業では資金が不足しています。

イノベイティブが推進する「セールスアンドリースバック取引」では、不動産を大麻企業から購入すると同時にその企業にリースすることで、大麻企業は売却資金を手にします。

大麻関連のREITは他にもありますが、イノベイティブが傑出しています。

同社には多数のテナントがあり、そのなかにはトゥルーリーブ・カンナビス、キュラリーフ、グリーン・サム・インダストリーズなど、規模の拡大に意欲的な業界トップ企業が含まれています。

米国中でマリファナ合法化の波が高まっていることから、イノベイティブが長期的かつ非常に大きな成長の可能性を秘めた企業であることは明らかです。

これまで同社は順調に事業を拡大してきました。売上高は2016年の約26万7,000ドルから急増し、昨年は1億1,700万ドル弱でした。

REITにとって極めて重要な指標である調整後ファンズ・フロム・オペレーションズ(AFFO)は2020年だけでも前年比で2倍以上に増加し、3,200万ドルとなりました。

こうした安定した利益は大麻業界では極めて例外的です。

REITは純利益のほぼすべてを株主還元のかたちで支払う義務があるため、収益性は配当に直結します。

同社は5四半期連続で増配しており、その間に1株当たり四半期配当は40%増加し1.40ドルとなりました。

【米国株動向】配当と成長を同時に望める医療大麻REIT「イノベイティブ・インダストリアル・プロパティーズ」

関連用品の販売で急成長:スコッツ・ミラクルグロー(NYSE:SMG)

園芸用品メーカーのスコッツ・ミラクルグローは、大麻専門の子会社ホーソーン・ガーデニング・カンパニーを通じて、大麻関連企業に対して、肥料から水耕栽培システムまで大麻の屋内栽培で必要となるあらゆるものを提供しています。

米国内でマリファナがすでに合法化されている地域、または近い将来合法化される地域では、同社はすでに将来の需要を見越して小売センターを運営しています。

さらに、同社は多くの消費者向け園芸用品も販売しており、事業内容はある程度多角化されています。

過去5年間で、同社の四半期売上高は676%をやや超える成長をしています。

流通環境に課題はありますが、経営陣によれば2021年の売上高と利益は過去最高となる見通しです。

ホーソーンの第3四半期売上高は前年同期比48%増の4億2,190万ドルに達しました。

このペースで成長が続けば、大麻栽培関連の製品の売上高が、消費者向け園芸用品の売上高(第3四半期売上高は10億5,000万ドル)を上回る可能性があります。

おそらく消費者向け園芸用品は大麻向け市場ほど急速に成長しないため、これは株主にとってむしろ朗報でしょう。

MSOの潜在力を拡大ジュシ・ホールディングス(OTC:JUSHF)

ジュシ・ホールディングスが事業を展開している主な州はペンシルベニア、イリノイ、およびバージニアの3州ですが、同社は他の地域にも慎重に事業を拡大しています。

栽培から販売まで全プロセスを行う垂直統合型の大麻関連MSO(複数の州で事業を運営する業者)である同社は、すでに米国最大のマリファナ市場であるカリフォルニア州に進出済みで、買収によってサンタバーバラに小売店舗を2カ所追加し、さらにマサチューセッツ州に栽培および生産の設備を保有するネイチャーズ・レメディを買収しました。

同社はオハイオ州とネバダ州に小規模な拠点があり、ニューヨーク、ニュージャージー、メリーランドなどの各州にも進出を検討しています。

昨年度の売上高は前年比690%増の8,080万ドルで、2021年度通期では2億500万〜2億5,500万ドルに急増する見通しです。

同社は無借金で財務内容は健全なため、小売店舗の拡大、オンライン事業、および栽培施設と加工施設を継続的に増強することが可能でしょう。

【米国株動向】地球上で最も急成長している5つの株

フリーレポート配信

コロナ禍で消費者が一斉にレストランや航空機の利用を敬遠した一方、在宅需要という大きな恩恵を享受し、新産業として伸びた分野もあります。過去1年で既に株価は大幅に上昇してしまいましたが、在宅関連銘柄としても、長期的な成長株としても注目できる3銘柄を取り上げます。

在宅需要で新たな産業が勃興する中、注目のコンスーマー関連3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Alex Carchidiは、イノベイティブ・インダストリアル・プロパティーズ株を保有しています。元記事の筆者Eric Volkmanは、記事で言及されている株式を保有していません。元記事の筆者Rich Dupreyは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、イノベイティブ・インダストリアル・プロパティーズ株、ジュシ・ホールディングス株、グリーン・サム・インダストリーズ株、スコッツ・ミラクルグロー株、トゥルーリーブ・カンナビス株を保有し、推奨しています。
最新記事