MENU

【米国個別株動向】クラフト・ハインツの株価が27%下落した理由

モトリーフール米国本社、2019年2月22日投稿記事より

決算発表後に株価急落

クラフト・ハインツ(ティッカー:KHC、以下「クラフト」)は、21日夕刻に2018年第4四半期決算を発表しましたが、売上高のわずかな増加に対してGAAPベースで損失となりました。

売上高は前年同期比1%未満の増加で69億ドルとなり、1株当たりの損失は驚異的な10.34ドルでした。

クラフトの株価は米東部時間22日午後12時50分現在、27.4%低下となっています。

重大なこと

事態はさらに深刻です。

クラフトは、GAAPベースの大きな損失は154億ドルの減損処理に伴うものであり、それがなければ「調整後」1株当たり利益で0.84ドルになっていたと強調しました(ただ、その調整後1株当たり利益であっても、前年同期比7%減です)。

それに加えて、SECが同社の調達に関する会計方針、手続き、および内部統制を広範に調査していることを明らかにしました。

経営陣は、SECの調査が2019年第1四半期やそれ以前の決算に影響を及ぼすことはない、と表明していますが、クラフトが過去の決算を修正せざるを得なくなる可能性があります。

そして株主にとって最も重大なことは、クラフトは一株当たり配当を36%削減し、0.40ドルとしました。

今後の展開について

これらの悪いニュースによりクラフトの株価は下落しましたが、それでもクラフトの配当は年間では1.60ドルで、配当利回りは4.6%と依然として良好です。

しかし、配当削減のインパクトが大きかったため、一部のアナリストはクラフト株を格下げしています。

第4四半期の大きな損失、さらに決算修正によって過去の利益が削減される可能性を考えると、アナリストによる格下げが続く可能性があるでしょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事