The Motley Fool

8月第2週目に動意づいた米国株

出典:Getty Images

8月9日

ヴィクトリアズ・シークレット+20.1%

JPモルガンが8月9日に投資判断「買い」、目標株価を100ドルと、6日終値より7割強高い水準で調査を始めました。

「米女性用下着市場でのシェア25%と首位で、水着や化粧品などでも高いシェアを握る」と指摘。

どの市場も拡大が見込め、株価は割安と分析した格好です。

衣料・雑貨のエルブランズ (現バス・アンド・ボディ・ワークス)から分離した2日以降、強気な株価見通しを示すアナリストが相次いでいます。

タイソン・フーズ(NYSE:TSN)…+8.7%

8月9日発表の2021年4〜6月期決算が市場予想を上回る増収増益となりました。

販売価格の上昇や、レストランの営業再開で好調だった加工食品がけん引した格好です。

21年9月期通期の売上高見通しを市場予想を上回る水準に引き上げたのも好感されました。

コインべース・グローバル(NASDAQ:COIN)…+8.6%

このところビットコインの値動きが激しくなっており、取引手数料収入の伸びで8月10日に発表する21年4〜6月期決算が上振れするとの期待が高まりました。

J Pモルガンが9日付リボートで4〜6月期の収益見通しを引き上げたのも買いを誘った格好です。

目標株価は6日終値より4割強高い水準に設定しました。

アクサム・セラピューティクス(NASDAQ:AXSM)…▲46.5%

8月9日、開発中のうつ病治療薬「AXS05」について、米食品医薬品局 (FDA)から不備を指摘されたと発表しました。

不備の詳細は不明。

対処していく姿勢を示す一方で、承認が遅れる可能性を指摘したため売りが膨らみました。

マリオット・インターナショナル(NASDAQ:MAR)…▲3.2%

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大し、中国では当局が省をまたぐ移動の制限を呼びかけたと伝わりました。

経済活動の正常化が遅れるとの懸念から、旅行レジャー株が軒並み下げました。

ユナイテッド航空ホールディングスは2.5%安、カジノのウィン・リゾーツ2.8%安となりました。

8月10日

フィスカー(NYSE:FSR)…+21.6%

モルガン・スタンレーが投資判断「買い」、目標株価40ドルで調査を再開しました。

8月9日終値の2.7倍に達します。

製品開発に専念し、 既存の自動車メーカーと組んで生産を早めている姿勢を評価しました。

3Dシステムズ+21.5%

8月9日夕に発表した2021年4〜6月期決算で売上高と1株利益が市場予想を上回りました。

売上高は前年同期比44%増の1億6255万ドルと、資産売却を除いたペースでコロナ前の19年4〜6月期と比べても11%増えました。

医療機器の設計や製品確認などに使う3Dプリンターがよく売れました。

スマイルダイレクトクラブ…▲24.2%

8月9日発表した21年4〜6月期決算で売上高と1株損益が市場予想を下回りました。

会社は4月のサイバー攻撃やコロナ禍での客足減少を理由に挙げました。

成長力が低下したとみて投資判断や目標株価を引き下げるアナリストが続出しました。

JPモルガンは「中立」から「売り」に下げました。

キャスパースリープ(NYSE:CSPR)…▲16.8%

8月10日発表した21年4〜6月期決算で売上高は市場予想を上回りましたが、1株損益の赤字幅が市場予想より大きかったです。

小売店での販売、直販とも好調でしたが、原材料コストやサプライチェーン (供給網)の混乱が収益を圧迫しました。

8月11日

アップスタート・ホールディングス(NASDAQ:UPST)…+6.2%

8月10日夕に発表した21年4〜6月期決算で売上高や1株利益が市場予想を大幅に上回りました。

人工知能(AI)を使って手続きを自動化したローンの需要が強かったです。

2021年12月期通期の業績見通しも引き上げました。

決算を受け、 シティグループが投資判断を「買い」に引き上げました。

フーボTV(NYSE:FUBO)…+11.1%

8月10日夕に発表した21年4〜6月期決算で売上高が市場予想を上回りました。

利用者数が拡大し、契約料と広告収入が市場予想以上に伸びました。

21年12月期通期の売上高見通しも市場予想を上回る水準に引き上げました。

WWインターナショナル…▲24.6%

8月10日夕に発表した21年4〜6月期決算で売上高が市場予想以上に落ち込みました。

6月末のサービス利用者数が会社予想に届かず、会費収入が減った格好です。

21年12月期通期の売上高の見通しも市場予想より弱かったです。

決算を受け、ジェフリーズが投資判断や目標株価を引き下げました。

ポッシュマーク…▲17.1%

8月10日夕に21年4〜6月期決算と合わせて発表した7〜9月期の売上高見通しが、やや弱いと受け止められました。

経済再開による「巣ごもり消費」の伸び鈍化や、アップルのプライバシー保護強化策でこれまでに比べて販促がしにくくなるといいます。

8月12日

ドクシミティー…+13.0%

連日で急伸し、2日間の上昇率は 50%に達しました。

8月10日夕に発表した21年4〜6月期決算で市場予想を上回る大幅な増収増益となり、長期的な成長を見込んだ買いが続きました。

パランティア・テクノロジーズ(NYSE:PLTR)…+11.4%

8月12日発表した2021年4〜6月期決算で売上高が前年同期比49%増と市場予想を上回りました。

大企業や政府向けが好調だったうえ、新型コロナウイルスに関連した医療データ分析の需要などが強かったです。

7〜9月期の売上高見通しも市場予想以上を示しました。

クーパン(NYSE:CPNG)…▲8.3%

8月11日発表した21年4〜6月期決算で最終赤字幅が前年同期から拡大し、市場予想を上回りました。

6月に物流センターで火災が発生し、在庫損失など3億ドル弱の損失を計上しました。

ソフトバンクグループ傘下の投資ファンドが発行済み株式の3分の1を保有しています。

コインべース・グローバル…▲7.9%

代表的な仮想通貨であるビットコイン価格が12日に下落し、4万5,000ドルを下回りました。

コインべースの収益はビットコイン取引高に依存するため、価格下落で取引が低調になるとの懸念が強まった格好です。

8月13日

ディズニー(NYSE:DIS)…+1.0%

ディズニーはは昨日取引終了後に発表された決算で、収益や動画配信ディズニープラス契約者数の伸びが予想を大幅に上回り買われました。

ファイザー(NYSE:PFE)+2.6%

ファイザーは当局が免疫が弱い人を対象とした3度目のワクチン投与推奨を決定したことが好感され、上昇しました。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事の作者、渡辺たけしは、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事