The Motley Fool

【米国株動向】ウォーレン・バフェットの富を築くためのアドバイス

出典:Motley Fool

モトリーフール米国本社、2021810日投稿記事より

世界一有名な投資家であるウォーレン・バフェットは、1,000億ドルを超える財産を築き上げました。

彼が経営するバークシャー・ハサウェイは世界最大の企業の1つです。

彼はどうして成功できたのでしょうか。

バフェットが行ってきたのは、非常にシンプルなことです。

なるべく早くから投資する

バフェットは11歳のときに、生まれて初めて株式を購入しました。

彼は、投資の成功のためには時間が重要な要素であると信じています。

バフェットはバークシャーの1999年の年次総会で、「私は小さな雪玉を非常に大きな丘の頂上で作り始めました。

非常に大きな丘を持つためには、若い頃から投資を始めるか、長生きをすることです」と述べました。

複利を働かせるのがポイントです。

ほとんどの投資家は、単にお金を早く働かせて、高いリターンを達成しようとしますが、それは誤りです。

1991年に低コストのS&P 500インデックスファンドに1万ドル投資していた場合、放置していただけで、現在20万ドルを超えます。

そして、毎月または毎年、小額のお金を投資し続けることで、最終的に得られる金額が大幅に増加していきます。

株式市場のタイミングを計るのではなく、株式市場にいる時間が重要であるとバフェットは考えています。

バフェットの基準を満たすと思われる個別銘柄を紹介します。

バフェットが気にいるであろう銘柄

チポトレ・メキシカン・グリル(NYSE:CMG)は、ウォーレン・バフェットが好むと思われるレストラン銘柄です。

チポトレは、競争優位性、強力な消費者ブランド、価格決定力など、バフェットが求めるすべての要素を兼ね備えています。

チポトレの規模は非常に大きく、米国内に2,853店舗もあります。

従って、ベンダーとの関係やマーケティングイニシアチブに関して、小規模チェーンより優位な立場にあります。

その結果、チポトレは顧客の望むサービスを提供できるようになりました。

たとえば、現在2,300万人の会員がいるチポトレのデジタルアプリは、パンデミック中に顧客によるテイクアウト、そして自宅への配達を可能にしました。

これにより、「チポトレ」ブランドに対する消費者の信頼が高まりました。

材料費と人件費が長年にわたって増加していますが、チポトレはこれらの費用を売上の増加で補うことができました。

たとえば、6月に行われた時給引き上げに対応して、経営陣はメニュー価格を4%引き上げましたが、業績に大きな影響はありませんでした。

このような価格決定力をバフェットは好みます。

まとめ

成功している投資家から学び、実践することは誰にでもできます。

複利の力を活用するために早くから投資する、というウォーレン・バフェットの戦略は非常にシンプルなものです。

しかし、これを乗り越えるための忍耐力を持つことは難しいといえます。

長期的に富を築くための鍵は非常にシンプルですが、簡単なことではありません。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Neil Patelは、バークシャー・ハサウェイ(B株)、チポトレ・メキシカン・グリル株を保有しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)、マーケル株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、フェアファックス・ファイナンシャル・ホールディングス株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2023年1月の200ドルのロング・コール、2023年1月の200ドルのショート・プット、2023年1月の265ドルのショート・コール)。

最新記事