The Motley Fool

米国コロナワクチン銘柄の最新業績(2021年Q2):ファイザーとジョンソン・アンド・ジョンソン

出典:Getty Images

新型コロナウイルスによるパンデミックを収束させるために、世界各国でコロナワクチンの接種が急速に進んでいます。

特にイギリスのワクチン接種率はかなり高くなっているため、ロックダウンの大幅な解除が行われました。

しかし、デルタ変異株以外の変異株も発生している上に、3度目のコロナワクチンが必要である可能性が浮上していることなどを考えれば、まだ収束の目処は立っていないと見るべきでしょう。

また、パンデミックの状況は株式市場にも影響を及ぼしているため、株投資においてもパンデミックの情報を定期的にチェックしておく必要があります。

パンデミック収束のためにはコロナワクチンが重要であるため、コロナワクチンの開発と提供を行なっているヘルスケア企業に注目しておくべきです。

そこで、今回の記事では、コロナワクチンの開発に成功し、その提供を行なっている、ファイザー(NYSE:PFE)とジョンソン・アンド・ジョンソン(NYSE:JNJ)の最新業績や最新情報について解説していきます。

ファイザーの業績やコロナワクチンの状況は順調

まず、ファイザーのコロナワクチンの最新情報や最新業について解説します。

ファイザーのコロナワクチン

ファイザーは、ドイツのバイオンテック(BioNTech)との提携により開発に成功したコロナワクチン(BNT162b2)の提供を世界各国で行なっています。

その効果は実証されつつあり、感染者数が増大したとしても重症者数は減少傾向のようです。

ただし、効果がどれくらい持続するかについてはまだ検証されていません。

2回目の接種後、その効果は少なくとも半年くらいは続くと言われていますが、その後の効果は着実に低下している可能性が指摘されています。

そこで、各国政府は3回目の接種(ブースター)を検討しています。ファイザーは、ブースターとしてのコロナワクチン(BNT162b2)の臨床試験を開始し、現在はフェーズ3の段階(最終段階)にあります。

ファイザーとは

ファイザーは米国の大手グローバル製薬企業です。

同社が取り組んでいる疾患領域は、がんや免疫疾患、心臓疾患、神経疾患、感染症、希少疾患などです。売上で比較した製薬企業の世界ランキングでは、同社は上位にランクされています。

新型コロナウイルスによるパンデミックへの同社の対応は非常によく、ドイツのバイオンテックとの提携により新しいテクノロジーを利用したコロナワクチンの開発に成功しました。

これを契機に同社は大きく伸びていくでしょう。

ファイザーの業績は好調

ファイザーの第2四半期(Q2)の決算報告書は、2021年7月28日に発表されました。

その報告書によれば、やはり同社の業績は大きく伸びました。

ここでは2021年のQ1とQ2を合わせた半年間の業績(H1)で見ていきます。

2021年H1のトータルの売り上げと純利益の前年同期比(2020年H1)などは以下の通りです。

  • 売上高:68%増加減少(2021年H1: 335.5億ドル、2020年H1: 199.4億ドル)
  • 純利益:53%増加(2021年H1: 104.4億ドル、2020年H1: 68.4億ドル)

やはり、今年から本格的に提供し始めた同社のコロナワクチンBNT162b2の売上増が大きく業績に貢献しました。

他には、コロナワクチン以外のワクチンやがん治療薬、希少疾患の医薬品などの売り上げも大きく伸びました。

その背景には、ロックダウンが解除されつつある状況があるのだと考えられます。

したがって、同社の業績は、コロナワクチンに頼り過ぎずにバランスが取れたものになっています。

ジョンソン・アンド・ジョンソンの業績とコロナワクチンの状況も良好

次に、ジョンソン・アンド・ジョンソンの最新コロナ対応や最新業績について解説します。

デルタ変異株にも効果があるコロナワクチン

ジョンソン・アンド・ジョンソンも、自社製のコロナワクチンの提供を行なっています。

効果はファイザーのそれよりも低いのですが、1回接種だけでよいことや超低温保存が不要であることが同社のコロナワクチンの強みです。

また、今年の7月1日発表の同社のプレスリリースによれば、同社のコロナワクチンはデルタ変異株にも効果があり、その効果は少なくとも8ヶ月は続くことがわかりました。

このコロナワクチンはコスト面で扱いやすいため、特にお金がない後進国で普及するのではないかと思います。

ジョンソン・アンド・ジョンソンとは

ジョンソン・アンド・ジョンソンは米国のグローバル大手製薬企業です。

同社は3部門に分かれており、それらは一般健康医療品(Consumer Health)、製薬(Pharmaceutical)、医療機器(Medical Devices)です。

その中で最も高い売り上げを得ているのは製薬であり、特に免疫疾患とがんの治療薬あるいは医薬品の売り上げが最も高くなっています。

ジョンソン・アンド・ジョンソンもうまくパンデミックに対応しており、これを契機に業績が伸びています。

ジョンソン・アンド・ジョンソンの業績も好調

ジョンソン・アンド・ジョンソンの今年の第2四半期(Q2)の決算報告書は、2021年7月21日に発表されました。

それによれば、同社のQ2の業績も良好でした。

具体的な数字や原因などは以下の通りです。

  • 売上高:27.1%増加(2021年Q2: 233.1億ドル、2020年Q2: 183.3億ドル)
  • 純利益:73.1%増加(2021年Q2: 62.7億ドル、2020年Q2: 36.2億ドル)

全ての部門での売り上げが前年同期比で増加しました。

製薬部門では、免疫疾患の治療薬であるSTELARAなどの売り上げが大きく伸びました。

当然ながら、同社のコロナワクチンの売り上げも貢献し、ポジティブなデータが得られていることからその売り上げはさらに伸びていくのではないかと思われます。

同社の部門で最も伸び率が高かったのは医療機器部門であり(62.7%増)、パンデミックからの市場の回復などが主な要因だと説明されています。

今後の動向

ファイザーとジョンソン・アンド・ジョンソン最新業績やコロナワクチンの最新情報について解説しました。

コロナワクチンの接種は世界中で広まっていますが、その効果は今年中に切れる可能性があるため、3度目の接種が検討されています。

つまり、まだコロナワクチンの需要はまだしばらく続くことが期待され、それによって両社の業績はさらに伸びていくでしょう。

ただし、今後両社のコロナワクチンが効かないコロナ変異株が発生する可能性は十分あるため注意が必要です。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事の作者、小田茂和は、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事