The Motley Fool

【米国株動向】最高値を更新したダウに、デルタ株が水を差すか

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年8月9日投稿記事より

多くの企業が第2四半期に堅調な決算を報告し続けているにもかかわらず、ダウ工業株30種平均(DJINDICES:^DJI)は8月9日に下落し、6日の過去最高値を下回りました。

しかし、下落中のダウの構成銘柄のパフォーマンスは明暗が分かれています。

例えば、アメリカン・エキスプレス(NYSE:AXP)は、ダウ銘柄の中で2021年中2番目に高いパフォーマンスを発揮しており、この記事執筆時点では41.6%上昇しています。

また、コロナウイルス症例数の急増が予想よりも急激に需要に影響を与えるという懸念から、石油大手のシェブロン(NYSE:CVX)や、ビザ(NYSE:V)は下落しています。

一方、ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)の株価は1.3%上昇し、この傾向に逆らっています。

デルタ株の影響で堅調な決算、経済指標に影が差すか

米国企業の決算シーズンは概ね良好なものでした。

例えば、ビザの第2四半期売上高は27%増となり、米国の総決済額はパンデミック前の2019年の水準を超えました。

また、アメリカン・エキスプレスも同様に好調な決算を報告し、売上高と取引量は、パンデミック前のレベルに戻っています。

【米国株決算】アメリカン・エキスプレスの最新決算情報と今後の株価の推移

経済指標も引き続き良好な数値が出ています。

7月の求人レポートが発表され、6日にダウは最高値を更新しています。

また、最近発表された週ごとの失業レポートも同様にポジティブな内容となりました。

しかし、投資家は、コロナウイルス症例数の急増を懸念しているようです。

最近確認された米国の症例数は、1日あたり10万人を超え、ワクチンが摂取可能になって以降、確認されていないレベルで急増しており、入院患者も増加しています。

原油価格は下落中

コロナウイルス症例数の増加と入院患者数の急増は、投資家にとって重大な懸念材料です。

中国や他の国々がデルタ株の感染拡大を遅らせるために旅行を制限することを考えているため、原油価格は下落しています。

原油価格が下落し続けるのではないかと懸念されていることから、シェブロンのような石油メジャーは大きな打撃を受けています。

原油価格は8月の1取引日を除いた全ての日で下落しています。

米国の一部、特にワクチン接種率が低い地域では、医療システムは逼迫しています。

入院患者数は今後数週間でさらに増え、当局に感染拡大を抑えるよう圧力をかけるかもしれません。

そして、好調が予想される今後の決算シーズンに待ったをかけるかもしれません。

市場は今後も堅調な伸びを示すか、それともデルタ株が経済の回復を遅らせて株価を暴落させるのか、先行き不透明な展開が続くことが予想されます。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Jason Halliは、アメリカン・エキスプレス株、ビザ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ビザ株を保有し、推奨しています。

最新記事