The Motley Fool

ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガー、投資と富の賢者の知恵に学ぶ【第2回】

出典:Getty Images

投資と富の賢者、世界一の投資家とそのパートナーであるバフェットの知恵に学ぶシリーズの2回目です。

ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガー、投資と富の賢者の知恵に学ぶ

ベースとなっているのは、CNBCの行ったバフェットとマンガーへの独占インタビューです。

前回は、バフェットとマンガーの出会いと初期の頃の失敗の話が中心でした。

バークシャー・ハサウェイ運営の秘密

バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)は、世界で第8位の時価総額を誇る大企業で、傘下には60もの企業を持っているコングロマリットですが、本社はネブラスカ州オマハのオフィスビルの2フロアで、25人で運営されています。

世界でこれほど非中央集権的・自治的な組織はないと言われています。これがなぜ可能なのでしょうか?

その背景にはやはりバフェットとマンガーのパートナーシップと、更にそのコアには中西部の文化(Midwestern Values)が深く関与しているように思えます。

「中西部の文化」と言ってもピンと来ないかと思いますので、簡単に解説しておきます。

アメリカと言った時に多くの日本人が持つイメージとしては、ニューヨークとかロサンゼルスと言った海岸線の地域の大都市であることが多いかと思います。

しかし、この地域はアメリカでは人口こそ多いものの、もちろん一部でしかありません。

NYやLAは外国みたいなもの、というアメリカ人すらいます。

アメリカを理解するには、中西部のカルチャーを知る必要がありそうです。

アメリカ人が最も好きな都市というアンケートなどでも、シカゴがトップに来ることが多かったり、中西部というのはアメリカ人にとって心のふるさとであったりします。

古き良きアメリカのイメージで語られるところの多いところです。

人々は非常にフレンドリーで、家族をとても大事にします。

バフェットもマンガーもオマハの出身で、そのつながりが二人の関係を非常に深いものとして結び付けている大きな要素になっているようです。

両者とも、とても気さくな人物です。

地元オマハでのつながりをとても大事にしています。

企業の買収に関しても、経営者を徹底的に評価し、信頼に足る人という結論に達して、買収をしたら、後は、その経営者に全て任せるというスタイルです。

その信頼関係があるからこそ、逆に、信頼された側はより頑張るような形で上手く行っています。

こうしたことは、企業規模が小さいうちはあまり問題なく出来るような気がします。

それぞれの企業体の社長に任せると言っても、どこで何が起きているのかをCEOは把握することが可能だからです。

傘下の企業が60社で総従業員数391,500人の企業を25人の本社スタッフで仕切るのは通常不可能です。

傘下企業のCEOが、バフェットやマンガーとコアバリューを共有し、行っているビジネスに合った経営能力を有していないと、これは不可能なことです。

バークシャー・ハサウェイは投資で有名ですが、それ以上に企業買収で大きくなってきた会社です。

バークシャーの投資(バフェットとマンガーの投資)は、企業規模・投資資金規模の拡大の過程で、株式投資による部分買収よりも、企業を丸ごと買収する方向にシフトしてきていると見ても良さそうです。

バフェットとしては、株式投資は企業を部分買収することと当初から考えて分析しているので、企業買収もその延長線上にあります。

経営者の視点で投資をしていると言って良いでしょう。

こうした稀有な企業の運営は、バフェットとマンガーのパートナーシップがあったからあり得るとも言えます。

それゆえに二人とも90歳を超える年齢になっているので、後継者問題が大きな問題になっています(過去25年くらいずっと言われてきた問題ですが)。

昨年の年次株主総会ごろから表にかなり出るようになってきたのが、グレッグ・アベル(Greg Abel)とアジット・ジェイン(Ajit Jain)の二人です。

【米国株動向】バークシャー・ハサウェイ:バフェット氏の後継者は現副会長のアベル氏に決定

かなり長い時間をかけて選ばれてきた二人です。

アジットが保険ビジネスを、そしてグレッグがそれ以外と全体を見る後継者として紹介され始めました。

この二人に実際に経営が移った時にバークシャーがどうなるのかが楽しみではあります。

ただ、現時点でも極めて自律性の高い組織になっているので、スムースに継承され、従来とあまり変わらず運営されていくのではないかと思われます。

投資ポートフォリオは、時代に合わせて変わっていくでしょう。

こちらは、流石に変わらざるを得ないかと思います。

また、中西部の文化に戻りますが、家族や友人、コミュニティを大事にする文化です。

バフェットもマンガーも、尊敬する人物と言った時に、まず自分の父親というのを上げています。

そして、二人とも家族を大変大事にしています。

バフェットは、自分の父親からの影響もあるのだろうと思いますが、自分の子どもたちに、父親の資力に頼るようなことはさせないように教育し、実際に子どもたちには自立させる道を選ばせています。

投資を教えることもしていませんし、バークシャーの後継者にもしていません。

これが出来る人はほとんどいないでしょう。

3人の子どもには、バフェットの資産からすればほとんど誤差レベルの資金しか与えていません。

そして、資産のほとんどを占めるバークシャーの株式は、ゲイツ・メリンダ財団に寄付していくことが決まっています。

遺産も期待できず、まさに、子孫に美田を残さず、を地で行っています。

「正攻法・正道を行く」ということ

4回シリーズのインタビューの2回目を中心に今回の記事をまとめていますが、この2回目でもう一つ、とても大事なことになったコメントがありました。

「Taking the High Road(正攻法・正道を行く)」ということです。

どんなに大変であっても正道・正攻法で進むことをマンガーが言い、バフェットも賛同しています。

小手先の対処法は結局、大した成果は得られず、正攻法は非常に大変ですが、得られるものも多いということです。

バフェットは、非常に割安であるという評価でテキスタイルビジネスを主業としていたバークシャー・ハサウェイを買収しましたが、これは彼にとっての最大の失敗と彼も認めています。

そして、最終的にテキスタイルビジネスを止めるまで、約20年の月日をかけて処理をしています。

初期のバークシャーの苦労は、彼の伝記的な作品に沢山語られていますので、読んでいただければと思います。

また、90年代に投資先のソロモン・ブラザースが国債入札スキャンダルで危機にあった時に、バフェットは、懇意にしていた当時のソロモンのCEOであったグットフレンド氏に頼まれて、ソロモンのCEOになって立て直しの重責を果たしています。

ファイナンシャルバイヤーというか、単なる投資家であれば、そんなに得にもならない仕事はしないで、ソロモンの株を売って終わりでしょう。

彼のビジネスヒストリーを見ていくと、そうした例が沢山あります。

投資家という枠組みでは小さすぎ、偉大な経営者であると同時に投資家でもあります、という表現をした方が良さそうです。

今回の教訓としては、家族・友人・コミュニティを大事にする、また、子供を甘やかさない、というのもあります。

そして、課題に直面したら正攻法で攻める。

正攻法で攻略すれば、大変だが得られるものも大きいということです。

ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガー、投資と富の賢者の知恵に学ぶ【第3回】

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事の作者、松本義和は、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事