The Motley Fool

【米国株動向】ペプシコ株が成長株投資家にも人気になるかもしれない理由

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年7月15日投稿記事より

ペプシコ(NASDAQ:PEP)は最近、第2四半期に売上高が2桁で急増したことを発表しました。

そして、CEOのラモン・ラグアルタは2021年の売上高と利益に関する見通しを引き上げ、ペプシコ株はより投資先として魅力的になりました。

他の決算概要も確認してみましょう。

パンデミックからの回復

ペプシコの成長に関して、パンデミックの影響は落ち着き始めています。

6月中旬に終了した3か月で、オーガニック売上高は前年比13%増となりました。

アナリストは、前四半期の2%の上昇を受けて、控えめな成長を予想していました。

2020年に人々が家に滞在していた時期と比較すると、加工食品の販売は縮小しました。

例えば、シリアルなどを製造する、ペプシコのクエーカーフーズブランドは、前年比21%減を報告しています。

しかし、米国の消費者がパンデミック前の生活に戻り始めると、スナックセグメントは前年比6%成長し、飲料事業は急激な回復を記録しました。

2021年上期のポートフォリオ全体で、販売量は8%も大幅に増加しています。

ラグアルタ氏は決算報告で、「2021年上期にポートフォリオ全体で販売量が8%増加しました。非常に強力な2桁の増収増益を達成できたため、第2四半期の業績に満足しています」と述べています。

利益とキャッシュフロー

価格の上昇、製造効率の向上、コスト削減のおかげで、利益の回復はさらに強力なものとなっています。

為替変動を調整した後、中核の売上高は27%急増しました。

またキャッシュフローが急増したため、同社は2020年のパンデミックの段階で引き受けた債務の一部を返済すると同時に、より高い配当を発行することができました。

明るい見通し

決算で最も注目すべきポイントは、2021年は記録的な成長を達成する可能性があるということです。

売上高は現在6%増となるペースにあり、これは過去2年の結果よりいいものとなっています。

ラグアルタCEOは、製造プラットフォームのアップグレードやエナジードリンク市場への参入などを通して、売上高の増加と利益率の上昇を目指しています。

経営陣は、この結果は2021年下期または2022年初頭までに現れることを示唆していました。

しかし、最新の決算で、すでにその兆しが出てきていることが確認できます。

つまり、株主は利益を得るチャンスがあります。

3%近くの配当利回りと2桁の成長率から、ペプシコ株への投資で株式市場のパフォーマンスを上回ることができる可能性があるでしょう。

【米国株動向】経済再開で注目の消費者関連3銘柄

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Demitri Kalogeropoulosは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事