The Motley Fool

【米国株動向】7日にバイオエヌテックとモデルナの株価が下落した理由

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年7月6日投稿記事より

7日、バイオエヌテック(NASDAQ:BNTX)の株価は5.3%下落しました。

また、モデルナ(NASDAQ:MRNA)の株価も2.7%下落しました。

これらのワクチン銘柄の株価が下落した要因は2つ考えられます。

1つめは、この日は株式市場全体が下落していることです。

2つめは、イスラエル保健省がファイザー(NYSE:PFE)とバイオエヌテックによって開発されたコロナウイルスワクチンは、急速に蔓延しているデルタ株に対して効果が低いようだと発表したことです。

イスラエル保健省は、ファイザーとバイオエヌテックのワクチンが感染症や症候性疾患の予防に64%効果的であると述べました。

これは、ワクチンの当初に報告された有効性から急激に低下しています。

その理由は、前述したデルタ株の感染拡大によるもののようです。

市場はこれをバイオエヌテックにとって悪いニュースと見なしました。

現在、バイオエヌテックの収益はすべて、ファイザーと共同販売しているコロナウイルスワクチンによるものです。

一方、イスラエルが提供したデータには、モデルナのコロナウイルスワクチンに関するものはありませんでした。

ただし、ファイザーとバイオエヌテックのワクチン同様、モデルナのワクチンもメッセンジャーRNA(mRNA)テクノロジーに基づいているため、イスラエル保健省のレポートはモデルナにとってもネガティブなものであると見なされました。

しかし、イスラエル保健省の発表には良いニュースもあります。

ファイザーとバイオエヌテックのワクチンは、入院や重篤の予防に93%の効果があり、これは以前に報告された有効性レベルに近いものでした。

ファイザーとバイオエヌテック、およびモデルナは、コロナウイルス変異株を標的とするブースター用量の臨床研究を行っています。

イスラエルから報告されたように現状のワクチンでは変異株に対する有効性が低いため、この研究の結果は企業にとってさらに重要になる可能性があります。

米国ヘルスケア銘柄の最新業績:モデルナとギリアド

【米国株決算】ファイザーの2021年第1四半期決算と今後の株価の推移について

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Keith Speights、ファイザー株を保有しています。モトリーフール米国本社は、モデルナ株を推奨しています。

最新記事