MENU

仕手株の仕組みを理解し、仕手株を味方につけよう。

相場を急変動させる力をもつ仕手株。

とはいえ

  • 仕手株とは何なのか。
  • 仕手株で利益を出すことが出来るのか。

という疑問をお持ちの投資家の皆様も多いかと思います。

そこでこの記事ではそんな仕手株に対して疑問をお持ちの投資家の皆様のお悩みにお答えします。

具体的には、

  • 仕手株とは?
  • 個人投資家が狙って仕手株で利益を出すことはできるのか。
  • 継続的に仕手株で利益をだすことは難しい
  • 仕手化しやすい銘柄の特徴
  • 仕手株は投資というより投機の側面が強い
  • 長期で投資をするなら業績・配当金が安定した企業を選定しよう
  • まとめ

の順番に重要なポイントのみをご紹介いたします。

仕手株とは?

仕手株とは仕手が好んで投機の対象とし、投機的な売買が行われる株式のことをいいます。

仕手とは、人為的に作られた相場で短期的に大きな利益を得ることを目的にし、大量の投機的売買を行う相場操縦の一種です。

本来の株式相場では企業業積やマーケット材料を中心に変動することが一般的ですが、ひとたび仕手が動くと、企業業績やマーケット材料とは無関係に株価が急変動する事態が起こります。

個人投資家が狙って仕手株で利益を出すことはできるのか。

結論から言うと、個人投資家が仕手株で利益を出すことは非常に難易度が高くなります。

仕手株の対象となる銘柄は比較的株価も安く、個人投資家も参入しやすそうに思われますが、基本的に大量売買を行う市場参加者はかなりの資金力をもつプロの集団ですから下手に参入してしまうとかなりのハイリスクが付きまといます。

経験値の高い投資家の中には仕手株を好んで参入することもありますが、初心者が参入するには分が悪い相場環境になることが予想されます。

継続的に仕手株で利益をだすことは難しい

仕手株の値動きは主に仕手筋の売買動向に左右されます。

仕手株は時価総額が低いことが多いため、仕手株の市場参入者には仕手筋が占める割合が高くなります。

つまり、仕手株の値動きは企業業績やマーケット材料ではなく、仕手筋の売買動向が最大の変動要因になるということです。

そのため、仕手株はファンダメンタルズに左右されることよりもテクニカルの部分の要素が大きくなります。

また、短期的な売買になりやすいことから継続的な利益を出すことにはかなりの難易度になります。

仕手化しやすい銘柄の特徴

時価総額が小さい

仕手化しやすい銘柄のひとつに時価総額が小さい銘柄であることがあげられます。

株価が安いため株を買い集めやすく、大きな値幅が取れるといった点から相場操縦の行いやすさが理由となります。

日々の出来高が小さい

次に日々の出来高が小さいことがあげられます。

出来高が少ないということは株の売買があまり行われていないということですので、こちらも資金がそこまで多くなくても相場操縦が行いやすい特徴があります。

発行株式総数が小さい

最後に発行株式総数が小さいことがあげられます。

特に浮動株比率が低い銘柄は狙われやすくなります。

浮動株比率が低いということは市場で売買されている浮動株の比率が低いということです。そのため、仕手筋の資金力でも相場操縦を行いやすくなります。

仕手株は投資というより投機の側面が強い

仕手株はやはり投資初心者が手を出すものではありません。

短期的に利益を出すことが可能となる代わりに大きなリスクが伴います。

投資初心者は特にギャンブルをするような感覚で株式投資をされている方も多くいますが、株式投資はギャンブルではありません。

仕手株は短期的な利益を求めることで仕手のプロと戦うということになります。

資金面・技術面においても食い物にされる可能性が極めて高くなりますのでしっかりと経験を積んだうえで挑戦してみてください。

投機と投資・ギャンブルの違いとは?正しい資産運用の方法を理解しよう

長期で投資をするなら業績・配当金が安定した企業を選定しよう

株式投資の基本はやはり長期投資になります。

長期投資は短期的な株価の値動きに踊らされずに、企業の業績の向上を見込んで株価上昇の好循環をじっくりと待つタイプの投資スタイルになります。

仕手株に手を出してしまうと相場のほんの少しの変動にも気を張ってしまうため、本来自分がしなければいけない仕事や家事でさえ疎かになってしまいます。

投資したお金を原資に投資先の企業が成長し、株価が上昇するというWin-Winの関係を気付くことが投資の本来の姿なのです。

目先の利益を追い求めすぎずに幅広い視点を持ったうえで、投資手法を選択してください。

まとめ

今回の記事では仕手株について説明しました。

仕手株は短期的に利益が出しやすくなる分、リスクは高くなる傾向にあり、難易度も比較的高くなります。

投資手法のひとつとして知識があることで、リスクを回避することや利益に直結させるために必要な知識のひとつになり得ますので、1度自分の目で仕手株を確かめてみてください。

初心者が手を出すことは極めて危険ですが、投資上級者の中には仕手株をうまく使い、利益を上げている個人投資家も少なからず存在します。

ご自身でリスクと投資妙味の判断をしっかりと行ったうえで挑戦するようにしてください。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事