The Motley Fool

【米国株動向】ズームとセールスフォースが投資したマンデードットコムがIPO

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021610日投稿記事より

ワークプレイス管理ソフトウェア会社のマンデードットコム(NASDAQ:MNDY) は、10日にIPO(新規株式公開)を行いました。

当初は1株あたり125ドル~140ドルを目標にしていましたが、投資家の強い需要により、経営陣は最終的にこれを上回る155ドルで売出価格を設定しました。しかし、それでも十分ではありませんでした。

マンデードットコム株は東部標準時午後12時25分に始値173.15ドルとなり、売出価格を12%上回りました。

株価は182ドルまで急騰しましたが、179ドル近くでその日を終えました。

マンデードットコムは企業が独自のソフトウェアアプリや作業管理ツールを作成するのに役立つ、コード不要のクラウドベースツールやバーチャルビルディングブロックを提供しています。

同社は180か国、そして200を超える業界で約12.8万の顧客がいます。

同社は、上場するにあたってセールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)とズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(NASDAQ:ZM)を支援者として、売出価格で投資をしてもらいました。

セールスフォースとズームはそれぞれ、同時私募においてIPO価格で7,500万ドルの株式を購入しました。

株価が155ドルであったことから、両社はそれぞれ48.3万株以上を購入することになります。

2020年12月31日までの1年で、マンデードットコムは前年比106%増の1億6,100万ドルの売上高を報告しました。

同社の最終損益は悪化しており、前年の9,200万ドルの損失から1億5,200万ドルの純損失となりました。

印象的な売上高の伸びは2021年初期まで続いており、第1四半期の売上高は前年比85%増の5,900万ドルとなりましたが、純損失は2倍近くの3,900万ドルになりました。

マンデードットコム株は、ティッカーシンボル「MNDY」でナスダック証券取引所に上場しており、370万株がそれぞれ155ドルで売却され、5億7,300万ドル以上を調達しました。

これにより、同社の時価総額は78億ドルを超えています。

【米国株動向】最近IPOを果たした注目銘柄3選

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Danny Venaは、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ株を保有し、推奨しています。

最新記事