The Motley Fool

【米国株動向】アナリストの目標株価引き上げが相次いだが、バイオジェンの株価は下落

DNA実験をする研究者
出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年6月8日投稿記事より

数人のアナリストが目標株価を引き上げたにも関わらず、バイオジェン(NASDAQ:BIIB)の株価は、8日にわずかに下落し、勢いを失いました。

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は、7日、バイオジェンがエーザイと共同開発したアルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」を承認しました。

これは、2003年以降、アルツハイマー病の治療薬としては初めてFDAの承認を受けた薬になります。

シュティーフェルのポール・マティス氏はバイオジェン株の「買い」の評価を維持しながら、目標株価を100ドル引き上げ、446ドルにしました。

彼の見解では、アデュカヌマブが市場に出ることで、「米国でのピークの売上高機会は、2030年には約90億ドルで倍増するだろう」と話しています。

ウィリアム・ブレアのマット・フィップス氏もバイオジェン株に対して強気です。

彼は、推奨を「中立」から「買い」に引き上げました。

また、ジェフリーズのマイケル・イー氏は、新しい目標株価を450ドルから500ドルに引き上げました。

多くのアナリストの目標株価引き上げが相次ぎましたが、アデュカヌマブに対する懸念は依然として残っています。

まず有効性については疑問が残っており、価格が高いことに対する懸念もあります。

7日にオレゴン州民主党のロン・ワイデン上院議員はツイートで、「まだ効果が証明されていない薬に対して、高齢者や納税者に年間56,000ドルを支払うよう求めるのは不当だ」と書きました。

米国ヘルスケア銘柄の最新業績:ブリストル・マイヤーズスクイブとバイオジェン

フリーレポート配信

今年に入り、ナスダックを中心に市場が乱高下する局面がありました。基本的には余裕資金で優良銘柄を長期保有するスタンスが有効ですが、一時的でも大きく資産を減らすことはどうしても避けたい投資家もいることでしょう。今後の市場の下落局面でも、値持ちがよさを期待できる米国株3銘柄を紹介します。

次の株式市場暴落に耐えうる3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Eric Volkmanは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、ジェフリーズ・フィナンシャル・グループ株を保有し、推奨しています。

最新記事