The Motley Fool

逆指値の使い方入門。楽天証券も米国株取引で逆指値対応

出典:Getty Images

一部の米国株投資家にとって、証券会社が逆指値注文に対応しているかどうかは口座選びの基準になっていたのではないでしょうか。

日本に籍がある大手ネット証券で当初、米国株取引の逆指値注文に対応していたのはマネックス証券とサクソバンク証券でした。

しかし、その後国内最大手のSBI証券も逆指値に対応。

2021年には楽天証券も逆指値に対応しました。

逆指値にネット証券が次々に対応している理由は、「逆指値」注文のニーズが投資家の中で根強いからです。

そこで本記事ではネット証券の米国株取引の逆指値対応と逆指値の使い所について解説します。

逆指値とは?

逆指値は「注文する銘柄の株価が、あらかじめ指定した価格以上、または以下になった場合に、あらかじめ指定した注文を発注する」という注文方法です。

損切りラインを決めておこう!株式の逆指値注文について解説

例えば保有している銘柄が10USDを割りこんだら売ると予め決めておきます。

英語ではストップロスとも言われています。

逆に20USDになったら特定の銘柄を買って欲しいという注文も逆指値と呼ばれることがあります。

もしもストップロスがなければ想定外の株価の下げがあった際に売るタイミングが遅くなってしまいます。

逆指値があれば株が突然、暴落しても自動的に株を処分できます。

楽天証券も米国株取引で逆指値に対応

楽天証券は、日本のネット証券ではSBI証券に次いで第2位となっています。

他の大手ネット証券にはない強みは、取引ツールの「iSPEED」で日本株と米国株のシームレスな管理ができることです。

他の大手ネット証券では日米の株取引ツールが別々になっているため、日米株に投資する人には少し不便に感じられたかもしれません。

楽天証券は一元的に管理がしやすかったものの、米国株取引に逆指値がないことは選択肢から外れる理由の一つでした。

今回の米国株取引逆指値対応によって、楽天証券が支持される要因は強まったと言えるのではないでしょうか。

また楽天銀行との連携で楽天証券との資金移動が容易、楽天銀行の口座に資金があれば楽天証券に資金を自動スイープできるなど、「楽天経済圏」で生活している人が楽天証券を使うメリットもあります。

逆指値がないからという理由で避けていた層が、米国株投資で楽天証券に乗り換えを検討する動きもあるかもしれません。

大手ネット証券の逆指値まとめ(2021年度版)

ネット証券名 逆指値の有無 特定口座対応 取引手数料 外貨決済対応
楽天証券 約定代金の0.495%(最低0米ドル、上限22米ドル) 外貨決済対応
SBI証券 約定代金の0.495%、最低0米ドル、上限22米ドル 外貨決済対応
マネックス証券 約定代金の0.495%(最低0米ドル、上限22米ドル) 外貨決済対応
サクソバンク証券 × 取引金額×0.20% 5.0米ドル       15.0米ドル 円決済のみ
DMM証券 × 0円 円決済のみ

米国株を取り扱っているネット証券を比較表にまとめてみました。

米国株の取引口座を選ぶポイントには取扱銘柄数もポイントですが、近年日本人でも知っているメジャーな銘柄はどこのネット証券でも取り扱いがあるため、よほど新しい中小規模の成長株に投資するのでもなければ、大体の銘柄は買えてしまいます。

取引手数料に関しても楽天証券、SBI証券、マネックス証券は横並びです。

サクソバンク証券は上限手数料が安い、DMMは取引手数料が0円ですが、取引ごとに円と外貨の為替手数料が発生しており、実質それが取引手数料となっているなど、細かい部分を見ていくと手数料に少し違いがあります。

とはいえ頻繁なトレードをしたり取り扱う額が大きすぎたりしなければ、取引手数料の差は有り体に言えば「誤差」の範囲です。

ただ外貨のまま取引資金をプールできる「外貨決済対応」と確定申告を源泉徴収ですませることができる「特定口座対応」の2点があるかどうかは、口座選びで注意した方が良いでしょう。

円貨決済のみなら取引ごとにドル円の為替転換コストが発生します。(見えづらい取引コストになる)

外貨決済対応・特定口座対応・逆指値対応の3つが揃っていたのはマネックス証券でした。

続いてSBI証券がこの3つに対応。

2021年には楽天証券も対応しました。

しかも、これらのネット証券の逆指値は90日間など決められた期間、逆指値の注文を置いておけます。

毎日、指値の注文を出す必要がなく便利に使えます。

逆指値をよく使うのはトレンドフォロー型の投資

逆指値をよく使うのはトレンドフォロー型の投資(順張り)ではないでしょうか。

多くの順張り投資では、想定の右肩上がりの上昇の逆をいったら損切りをするというルールが課されています。(例えば買値から10%下がったら諦めて売る)

米国でも有名な先物投資で有名なトレーダー集団のタートルズ、成長株投資で有名なウィリアム・オニールなどは典型的なトレンドフォロー型の投資法を採用しています。

両者とも共通しているのは逆指値を強調している点です。

逆指値を使うべきではない投資もある

逆指値を使うのを避けるべき投資法も実はあります。

例えば、積立投資やバリュー投資、優良銘柄を長期保有する投資では逆指値を使わない方が良いこともあります。

「損切り貧乏」という言葉があります。

損切り(ストップロス)を置くことで、何度も損切りラインで売って損を繰り返してしまうことを俗に「損切り貧乏」と言います。

トレンドフォローではすぐに利益が乗ることを見込んで買いに入ります。

その代わり思うようにすぐ利益が乗らなければ、その投資判断は間違っていたと認めて逆指値で撤退します。

しかし世の中の投資法の中には多少下げることはあっても、長期の時間軸では上昇するという確固たる確信をもって資産を保有する運用方法もあります。

逆指値を使えたとしても、あえて使わないという手もあります。

日本からの米国株投資の環境はかなり整った

日本からの米国株投資は年々整っています。

取引手数料は安くなり、取り扱い銘柄数も増えました。

そして一部のネット証券でしか使えなかった逆指値も使えるようになりました。

米国籍のFirstradeのように、取引手数料「0」USD(しかも為替取引の手数料もなし)の魅力的なネット証券もありますが、日本の居住者だと税制上不利になります。(損益通算が年度をまたいでできません。しかも確定申告が面倒です。)

ネット証券の口座選択は目に見える機能的な部分だけでなく、取引画面のインターフェイスやポイントなどのサービス無料で受講できるオンラインセミナーの質などが決め手になることもあります。

最後は個人の判断で使いやすい口座を選ぶのが一番です。

ただ日本のネット証券それぞれの経営努力により、どこのネット証券もかなり使いやすくなったのではないでしょうか。

フリーレポート配信

今年に入り、ナスダックを中心に市場が乱高下する局面がありました。基本的には余裕資金で優良銘柄を長期保有するスタンスが有効ですが、一時的でも大きく資産を減らすことはどうしても避けたい投資家もいることでしょう。今後の市場の下落局面でも、値持ちがよさを期待できる米国株3銘柄を紹介します。

次の株式市場暴落に耐えうる3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事