The Motley Fool

【米国株動向】アマゾンの株価は2023年までに83%上昇する可能性

出典:アマゾン

モトリーフール米国本社、2021517日投稿記事より

モルガン・スタンレーのアナリスト、ブライアン・ノワック氏は5月17日付のレポートで、ベストシナリオの下ではアマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)の株価が2023年に6,000ドルに達する可能性があると述べています。

つまり、上値余地が83%もあるというのです。

ノワック氏の主張は、アマゾン以外の大手小売事業者および生活必需品企業のPEGレシオ(株価収益率を1株当たり利益成長率で割った値)に基づいています。

多くの銘柄が3倍近辺にあるのに対し、アマゾンの2022年予想利益に基づくPEGレシオは約1.2倍です。

同氏は、「アマゾンのPEGレシオが大手小売および生活必需品銘柄に近づくとみる強気シナリオに基づけば、アマゾンの株価は5,000~6,000ドルと考えられる。一方、他のハイテク大手の中央値と比べた場合、同社のPEGレシオは約30%割安な水準にある」と説明しています。

つまり、より弱気な見方を取った場合でもアマゾンには依然として大きな上値余地があります。

同氏は、「アマゾンのPEGレシオを(他のハイテク大手並みの)1.7倍と評価した場合、2023年予想利益に基づくアマゾンの株価は4,500ドルとなる。

それでもこのPEGは ウォルマートに対して約45%割安だ。しかも私たちはアマゾンにはより高いPEGが正当化されると考えている」と書いています。

ノワック氏の弱気シナリオに基づく4,500ドルという株価でさえ、アマゾンの直近の終値に対して38%の上値余地があることを示唆しています。

PEGレシオの格差は歴然としており、同氏の分析には説得力があります。

投資家はこれにすぐ反応し、同氏がこのレポートを公表した同じ日、アマゾンの株価は1.5%上昇しました(S&P500は0.3%下落)。

【米国株動向】アマゾンが映画スタジオのMGMを85億ドルで買収し、ストリーミングを強化

フリーレポート配信

株式市場は高値圏にあり、下落・調整リスクを懸念する見方があります。そこで、市場の調整局面でも比較的安定して推移することが期待される消費財銘柄を3銘柄紹介します。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

ディフェンシブな優良消費財銘柄3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Eric Volkmanは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アマゾン株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2022年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。

最新記事