The Motley Fool

【米国株動向】アマゾンが映画スタジオのMGMを85億ドルで買収し、ストリーミングを強化

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年5月26日投稿記事より

アマゾン(NASDAQ:AMZN)は、映画スタジオMGMを84億5,000万ドルで買収すると発表しました。

この買収により、アマゾンはジェームズボンドやロッキーなどの映画を含む4,000タイトルを超えるMGMの映画コンテンツや、約17,000のテレビ番組にアクセスできるようになります。

アマゾン・プライムでは、MGMが制作した歴史ファンタジー番組「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」をすでに提供しています。

アマゾンは、MGMのキャラクター、ストーリーの世界、知的財産に基づいて、新しいコンテンツを「再考し、開発する」ことを計画していると述べています。

現在、MGMの最も人気のある作品は、アマゾン・プライム・ビデオと競合するストリーミングサービスで提供されています。

たとえば、ウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)はHuluとFXの両方を保有しています。

またMGMは、ネットフリックス(NASDAQ:NFLX)で「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」の続編も制作しています。

今までの傾向から、競合するスタジオは、競合のTVネットワークで作品をクロスパブリッシングしてきましたが、競合のストリーミングサービスは、クロスプラットフォームの取引をキャンセルする傾向があります。

アマゾンがMGMの既存の開発契約をどのように処理するかはまだ分かりません。

【米国株動向】アマゾンが反トラスト法違反でD.C.司法長官に提訴される

フリーレポート配信

配当利回りが高く安定した値動きの株は、安定した配当収入をもたらし、株価の乱高下からストレスを受けずに、株を保有し続けることができます。また、多くの米国株は四半期毎に配当を支払うので、リタイヤ層に向いています。

リタイアメント層向けで注目の配当銘柄3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Anders Bylundは、アマゾン株、ネットフリックス株、ウォルト・ディズニー株を保有しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株、ネットフリックス株、ウォルト・ディズニー株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2022年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。

最新記事