The Motley Fool

【米国株動向】5月に注目の食品株3銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021510日投稿記事より

「5月に株を売れ」というのはよく知られた投資格言ですが、これは夏場に弱く、冬に強い株が一定数あったことから言われるようになったものです。

しかし大抵は、この格言を聞き流した投資家の方が、5月にやみくもに売ってしまう投資家よりも好成績を残します。

夏場にボラティリティが高まると考えて株を売ってしまうくらいなら、ディフェンシブ銘柄に切り替える方が得策ではないでしょうか。

数あるディフェンシブ銘柄の中でも、景気にとらわれず安定したリターンを生み出すことが多い食品セクターから注目の3銘柄を紹介します(株価指標等は執筆時点)。

ビヨンド・ミート

2019年に植物由来代替肉のメーカーとして初めて上場したビヨンド・ミート(NASDAQ:BYND)は当初、一時的な流行で終わるという見方もされていました。

しかし大手レストランチェーンや小売店との提携が進んだことで、消費者にとって代替肉はより身近なものとなりました。

2020年はコロナ禍によって多くのレストランが一時閉鎖に追い込まれましたが、同社は売上高を前年から37%伸ばして4億680万ドルとしました。

ただし、研究開発費やコロナ関連費用の増加により、純損失は2019年の1,240万ドルから2020年には5,280万ドルへと拡大しました。

今年第1四半期も売上高を前年同期比11%増の1億800万ドルに伸ばす一方、2,730万ドルの純損失を計上しました。

しかし、米国でコロナ禍が落ち着くにつれて成長は再加速する見込みで、ガイダンスでは増収率は第2四半期に19%~32%、通期では41%に達し、損失も減って来年には黒字に戻ると予想されています。

この予想売上高に基づく株価売上高倍率は約13倍で、食品株にしては高い水準ですが、業界を変革するハイテク株のような存在と考えれば決して高くはないと言えるでしょう。

【米国株動向】20日にビヨンドミートの株価が上昇した理由

ゼネラル・ミルズ

ビヨンド・ミートがハイリスクだと考えるなら、シリアルのチェリオスやアイスクリームのハーゲンダッツなどの有名ブランドを多数抱えるゼネラル・ミルズ(NYSE:GIS)という選択肢もあります。

2020年度(2019年6月-2020年5月)の既存事業売上高と調整後利益はコロナ禍による買いだめ需要によって押し上げられ、それぞれ前年から4%と12%の伸びを記録しました。

また、ペットフードブランドであるブルー・バッファローは、景気の波による影響が特に小さい、安定した収益源です。

2021年度(2020年6月-2021年5月)もレストラン向け販売などのフードサービス事業の低迷を小売部門の好調がカバーし、最初の9カ月間の既存事業売上高は前年同期比8%増加し、調整後利益も値上げや効率化によって同13%増えています。

アナリスト予想によると通期の増収率と増益率は2%と3%になる見込みです。

コロナ禍が終息すると、その追い風を受けた前年との比較は厳しくなりますが、予想株価収益率(PER)が17倍というバリュエーションの低さと、予想ベースで3.2%という高い配当利回りは魅力的です。

債券利回り上昇に伴うグロース株からバリュー株へのローテーションが進む中、注目のディフェンシブ株と言えそうです。

【米国株決算】ゼネラル・ミルズの2021年第3四半期決算と今後の株価の推移について

ペプシコ

消費者の炭酸飲料離れを考えるとリスクが高そうなペプシコ(NASDAQ:PEP)ですが、飲料だけでもボトル水、フルーツジュース、スポーツドリンクなど、商品ポートフォリオを分散させています。

2006年から2018年までCEO(最高経営責任者)を務めたインドラ・ヌーイ氏の下では、加工食品の健康食化も進めました。

そうした努力の結果、景気の波を乗り越えて安定した成長を続けており、2020年も既存事業売上高を前年から4%、コア1株当たり利益(EPS)(恒常通貨ベース、以下同様)を同2%伸ばしています。

2021年第1四半期の既存事業売上高は前年同期比2%増、コアEPSは同14%増となりました。

ガイダンスによると、通期の増収率は1桁台半ば(アナリスト予想では7%)、増益率は1桁台後半(同10%)となる見込みです。

予想PERは22倍と妥当な水準で、配当利回りは3%と高めであるほか、48年連続で増配しています。

【米国株動向】ペプシコの順調な滑り出し

フリーレポート配信

株式市場は高値圏にあり、下落・調整リスクを懸念する見方があります。そこで、市場の調整局面でも比較的安定して推移することが期待される消費財銘柄を3銘柄紹介します。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

ディフェンシブな優良消費財銘柄3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Leo Sunは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、ビヨンド・ミート株を保有し、推奨しています。
最新記事