The Motley Fool

【米国株動向】バークシャー・ハサウェイ:バフェット氏の後継者は現副会長のアベル氏に決定

出典:Motley Fool

のモトリーフール米国本社、202153日投稿記事より

ウォーレン・バフェット氏がバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の最高経営責任者(CEO)から退任した場合の後継者が、現在は同社の副会長を務めているグレッグ・アベル氏であることが明らかになりました。

90歳のバフェット氏と97歳の副会長チャーリー・マンガー氏が引退した場合の後継者がだれなのかを巡り、投資家の間で様々な憶測がなされてきました。

大方の予想は、非保険部門を統括するアベル氏と、保険事業を統括するアジット・ ジェイン氏の2人が最も有力な候補者であるというものでした。

答えは、5月1日に開催されたバークシャーの年次株主総会でマンガー氏が口をうっかり滑らせたために判明しました。

同氏とバフェット氏が去った後は「グレッグが文化を維持する」ことを確信していると述べたのです。

5月3日、バフェット氏はテレビ局CNBCに対し、後継者としてアベル氏が選ばれたことを認め、「今夜私に何かが起こったら、明日の朝に引き継ぐのはグレッグであり、取締役はこのことに同意している」と語りました。

バフェット氏はジェイン氏のことも称賛し、「もし今夜グレッグに何かが起こったら、その後継者はアジットである」とも明かしました。

アベル氏とジェイン氏はともに2018年に副会長に昇格し、観測筋はこの2人を将来の主要な後継候補者とみなしてきました。

ジェイン氏はバークシャーの中核事業である保険部門を率いていますが、アベル氏は保険事業以外の部門を統括する立場を通じて世界経済と様々な産業に関するより幅広い視野を持っていると思われます。

【米国株決算】バークシャー・ハサウェイの最新決算情報と今後の株価の推移

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Lou Whitemanは、バークシャー・ハサウェイ(B株)を保有しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2023年1月の200ドルのロング・コール、2023年1月の200ドルのショート・プット、2021年6月の240ドルのショート・コール)。
最新記事