The Motley Fool

【米国株動向】リフトのアクティブライダーが36%減となるが、アナリスト予想は上回る

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2020年5月5日投稿記事より

2021年第1四半期に報告されたリフト(NASDAQ:LYFT)のアクティブライダー数は、前年比36.4%減の1,350万人ほどになりました。

アクティブライダー数はアナリスト予想の1,280万人を上回りましたが、売上高は36%減の6億900万ドルとなりました。

また3月には、アクティブライダー数が最も多くなり、94万2,000人増加しました。

それでも、アクティブライダー1人あたりのリフトの売上高は、0.2%しか増加していません。

CFOのブライアン・ロバーツ氏は、3月のアクティブライダーの実際の乗車時間は少なかったが、今後数ヶ月ですべてが均等になることを期待していると述べています。

また、CEOのローガン・グリーン氏は、アナリストに対して、状況が正常化するまでまだしばらく時間がかかるだろうと述べ、「モビリティにはかなりの需要があり、それを実行するには時間がかかると引き続き信じている」と語りました。

そして、リフトはもはや単なる配車サービス会社ではなく、交通機関をサービスとする未来を見据えているとも述べています。

さらにグリーン氏は、リフトは現在、消費者向けの交通手段を補完している唯一のプロバイダーであり、配車サービスだけでなく、レンタカー、自転車、スクーター、交通機関や車両のサービスセンターも提供していると述べました。

リフトのビジネスは徐々に回復の兆しを見せているようです。

経済が再開していくにつれて、移動手段の必要性も高まるでしょう。

【米国株動向】リフトが新しくアナログなサービスを開始

フリーレポート配信

米国の株式市場は最高値を更新している一方で、バブルを警戒する見方もあります。そこで、より堅実な投資先として、緩やかながらも成長し続け、持続的に増配する銘柄を検討してみてもよいでしょう。このレポートでは、堅実な成長が見込める5つの高配当株をご紹介します。

注目の米国高配当株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Rich Dupreyは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事