The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】明日の雇用統計を控え上値の重い展開か

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:34,000~34,400ドル】

5日のNYダウは3日続伸し、前日比97.31ドル高の34,230.34ドルで取引を終了。

NYダウは2週間半ぶりに、過去最高値を更新しました。

イエレン財務長官は、前日に米景気の過熱を防ぐためには利上げが必要になるかもしれないとの考えを示しました。

しかし、同日の引け後に「利上げを予想しておらず、FRBに利上げの提案もしていない」と述べたことから、利上げ懸念が後退し、株式市場を支える材料になりました。

また、ISMが発表した4月の非製造業景況感指数は62.7と前月から低下しましたが、好不況の境目である50を大きく上回ったことも好感されています。

ただ、IT・ハイテク株は売りが優勢で、ナスダック総合株価指数は4日続落し、前日比51.078ポイント安の13582.425で取引を終了しています。

本日の経済指標では、新規失業保険申請件数が注目されます。

NYダウが連日で過去最高値を更新するかに注目ですが、明日の雇用統計を控え上値の重い展開になりそうです。

フリーレポート配信

米国の株式市場は最高値を更新している一方で、バブルを警戒する見方もあります。そこで、より堅実な投資先として、緩やかながらも成長し続け、持続的に増配する銘柄を検討してみてもよいでしょう。このレポートでは、堅実な成長が見込める5つの高配当株をご紹介します。

注目の米国高配当株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事