The Motley Fool

【米国株動向】ファストリーの株価が5日に17%以上下落した理由

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2020年5月5日投稿記事より

ファストリー(NYSE:FSLY)の株価は、5日に4.2%上昇しましたが、最終的に2.6%のマイナスで取引を終えました。

そして、株式市場閉鎖後には17%以上下落しました。

株式市場閉鎖後に発表された決算に関しては、第1四半期に総売上高は前年比35%増の約8,500万ドルになりました。

しかし、調整後純損失は1,400万ドル(1株あたり0.12ドル)にまで増加しました。

売上高の改善は、顧客数の増加と顧客支出のわずかな改善によるものでした。

販売/マーケティングおよび研究開発におけるコストの上昇により、利益が損なわれています。

ファストリーの第1四半期は、売上高と利益の両方でアナリストの平均見通しを下回ったことが懸念されています。

また、パンデミックが終結する可能性が高いと考えられることから、特定のハイテク株から投資家が離れているようです。

さらにファストリーCFOのアドリエル・ラレス氏が辞任することが発表されました。

彼は後継者が任命されるまで財務チームを率い、移行期間中も継続します。

同社は、ラレス氏の後継者を探しており、エグゼクティブサーチ会社を雇っていると述べました。

経営陣が辞任することに関して、投資家はあまり好意的に捉えていないようですが、ラレス氏の移行はスムーズで問題ないように見えます。

【米国株動向】ファストリー株は大幅に過大評価されている

フリーレポート配信

米国の株式市場は最高値を更新している一方で、バブルを警戒する見方もあります。そこで、より堅実な投資先として、緩やかながらも成長し続け、持続的に増配する銘柄を検討してみてもよいでしょう。このレポートでは、堅実な成長が見込める5つの高配当株をご紹介します。

注目の米国高配当株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Eric Volkmanは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、ファストリー株を保有し、推奨しています。

最新記事