The Motley Fool

【米国株動向】ネットフリックス決算で確認すべき6つの指標

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021421日投稿記事より

ネットフリックス(NASDAQ:NFLX)の株価は、最新の決算を発表した4月20日の時間外取引で急落しました。

第1四半期の予想を下回る契約者数の伸びが、一部の投資家を驚かせたのです。

しかし、同社の決算を確認すると、契約者数が予想を下回ったにもかかわらず、ビジネス全体は好調であることがわかります。

1.新規契約者

ネットフリックスの契約者は、前年比14%増の2億800万人になりました。

しかし、四半期中の新規契約者数の増加は、経営陣の見通しやアナリスト予想に応えることはできませんでした。

経営陣は新規契約者数が600万人になることを予想していましたが、実際には398万人でした。

2.売上高の伸び

売上高は前年比24.2%増の72億ドルとなりました。

これは、2020年第4四半期(10-12月)の21.5%の成長から加速しました。

3.契約者あたりの平均売上高

契約者あたりの平均売上高は6%増となりました。

これは主に、有料契約の価格を値上げしたためです。為替の影響を除くと、契約者1人あたりの平均売上高は5%増となりました。

4.営業利益率

ネットフリックスのビジネスモデルの力強い売上高成長と拡張性に支えられて、営業利益率と営業利益はそれぞれ約27%と20億ドルと過去最高を記録しました。

5.ネットフリックスのコンテンツ予算

コロナウイルスによってコンテンツ制作は一時停止していましたが、同社は第1四半期の株主への手紙で、「ブラジルとインドを除くすべての主要市場で、オリジナル作品の制作を再開しています」と述べました。

同社は、2021年にコンテンツ作成に170億ドルを費やすことを予定しています。

6.自社株買戻しプログラム

ネットフリックスの取締役会は、十分な営業キャッシュフローを生み出したことで、50億ドルの自社株買い戻しプログラムを承認しました。

このプログラムに有効期限はなく、経営陣は今四半期に自社株買いを開始する予定です。

今回の株式市場の反応から、投資家がネットフリックスのビジネスを心配する必要はありません。

決算の指標は非常に有望であり、利益率は急上昇し、解約率は前年同期を下回り、2020年に在宅サービス需要の高まりがあった中でも契約者数は増加し続けています。

【米国株動向】ネットフリックスの50億ドルの自社株買いは今行うべきなのか

フリーレポート配信

コロナ禍で消費者が一斉にレストランや航空機の利用を敬遠した一方、在宅需要という大きな恩恵を享受し、新産業として伸びた分野もあります。過去1年で既に株価は大幅に上昇してしまいましたが、在宅関連銘柄としても、長期的な成長株としても注目できる3銘柄を取り上げます。

在宅需要で新たな産業が勃興する中、注目のコンスーマー関連3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Daniel Sparksは、記事で言及されている株式を保有していません。 モトリーフール米国本社は、ネットフリックス株を保有し、推奨しています。

最新記事