The Motley Fool

ネクステラ・エナジーより高配当な再生可能エネルギー銘柄3選

出典:Getty Images

世界的な脱炭素社会への移行の大きなトレンドを受けて、再生可能エネルギー銘柄はここ数年でバリュエーションが高まっています。

クリーンエネルギー銘柄の代表としてネクステラ・エナジー(NYSE:NEE)があります。

しかし同社の株はバリュエーションが高く、配当株として魅力的でないと思うかもしれません。

そこでこの記事では再生可能エネルギー関連銘柄でありかつネクステラ・エナジーより高配当な銘柄を3つご紹介します。

クリアウェイ・エナジー

クリアウェイ・エナジー(NYSE:CWEN.A)は、再生可能エネルギー事業、熱事業の事業を持つ持株会社です。

米国内で多様なポートフォリオを持ち、風力や太陽光を米国のあらゆる州で保有しています。

執筆時時点での配当利回りは4.46%です。

同社の配当は2019年、電力供給先であるPG&Eが起こした山火事に対する損害が原因で減配を余技なくされました。

しかし2020年には3月には0.21ドル、9月には0.3125ドル、12月には0.318ドルと増配を複数回行っています。

さらに2021年の3月には0.324ドルへと増配を行っています。

2021は5-8%の増配を見込んでいます。

2021年の分配可能な現金(CAFD)成長の目標は5-8%であり、目標を達成するために再生可能ポートフォリオのさらなる投資を実施していく予定です。

これによりCAFDは安定して成長することが予想され、配当も将来に渡って増配していく基盤を作ることができます。

エクセル・エナジー

エクセル・アナジー(NASDAQ:XEL)はミネソタ州に本社をおく公益企業です。

同社はミネソタ州やコロラド州といったアメリカの西部・中西部8州で事業を展開しています。

配当利回りは執筆時時点で2.57%です。

現時点で同社は再生可能エネルギーへの移行を進めており、2020年に供給した電力の約47%はバイオマス、水力発電、原子力発電所、風力タービン、ソーラーパネルなどの炭素を含まないエネルギー源でした。

風力に同社は力を入れており全体の約2割が風力発電から供給されています。

長期的なプランとして2030年までに、2005年のレベルから炭素排出を80%削減し、は2050年までに100%削減するビジョンを掲げています。

実際に2020年の段階では2005年と比較して51%の炭素排出削減を達成しています。

2020年には配当を6.2%増配しています。利益も毎年5-7%成長する目標をクリアしており、増配と共に利益も着実に成長しており配当は安全です。

同社は18年連続して増配を続けています。

アトランティカ・サステナブル・インフラストラクチャー

アトランティカ・サステナブル・インフラストラクチャ(NASDAQ:AY)は英国のブレントフォードに本社を置く投資会社です。

米国やメキシコ、カナダ、ペルー、チリと、南アフリカといった世界各国に再生可能エネルギー事業を展開しています。

エネルギー事業は太陽光、風力、水力、電線・送電線、天然ガスがあります。

執筆時時点での配当利回りは4.24%で、この記事で紹介する銘柄では一番配当利回りが高いです。

利回りは高いながらも2020年には前年と比べて5.5%増配し、今後5~8%の増配を行う目標です。

配当補うキャッシュフローも着実に成長しており2020年の営業キャッシュフローも20.5%の伸びとなりました。

今後もバランスシートの健全性と事業成長を見込み配当の支払いは問題なさそうです。

またポートフォリオも様々な地域に展開しているのでカントリーリスクの分散も期待できると言えます。

まとめ

この記事ではネクステラ・エナジーより高配当なクリーンエネルギー関連銘柄を紹介してきました。

気をつけたいのは高配当であることはバリュエーションが低いということです。

バリュエーションはその企業の将来の目通しや金利環境によって左右されます。

そのため高配当株は既存事業の地味さや将来の低成長を悲観され不人気となりがちです。

ネクステラ・エナジーは再生エネルギーのリーディングカンパニーであり、事業の安定性や成長性もほか公益企業に比べて高いので高バリュエーションになっています。

もしあなたが配当以上に株価の安定性やリーディングカンパニーへの株式保有を重視するのならば、ネクステラ・エナジーは有力な投資先になるでしょう。

フリーレポート配信

米国の株式市場は最高値を更新している一方で、バブルを警戒する見方もあります。そこで、より堅実な投資先として、緩やかながらも成長し続け、持続的に増配する銘柄を検討してみてもよいでしょう。このレポートでは、堅実な成長が見込める5つの高配当株をご紹介します。

注目の米国高配当株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事の作者、ろいどは、NEEを保有しています。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事