The Motley Fool

【米国株動向】暗号資産よりも注目すべき3銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年4月19日投稿記事より

長い目で見れば、株式市場は地球上で最大の富の創造者です。例えば、1980年初からのS&P 500の年間平均リターン(配当含み)は10%を超えています。

これは、ドットコムバブル、リーマンショック、コロナショックを含んだ上でのリターンです。

しかし、近年、株式に次ぐ人気を獲得しつつあるのが暗号資産です。

特に若い投資家は、暗号資産のどの機関にも規制されていない性質と、一獲千金のボラティリティに魅力を感じているのでしょう。

ドージコインの急騰につられて購入するのはばかげています

先週、モメンタムプレーヤー、個人投資家、デジタル通貨愛好家の注目を集めたのは、暗号資産ドージコイン(CRYPTO:DOGE)です。

4月16日金曜日の午後遅くの時点で、ドージコインは1トークンあたり約0.31ドルで購入できました。なお、週初は0.07ドルです。

そして、ドージコインはこの1年間で15,400%も上昇しています。

これは、過去1年間のどの上場株式よりも高いリターンです。

なぜ、ドージコインが急騰しているのでしょうか。

一つ目は、テスラのCEOであるイーロン・マスクによるドージコインに関するツイートです。

二つ目は、売買数量とチャートパターンに基づいたテクニカル分析によるものです。

ドージコインが生まれた背景にあるストーリーは信じがたいものであり、私たち投資家が知っておくべきものです。ドージコインは、2013年に2人のエンジニアにより数時間で作成されました。

そのアイデアは、当時インターネット上で最も流行っていた2つのもの(柴犬のミームと暗号資産の流行)を結合して、一つの独立した存在をつくることでした。

このようにして、ドージコインが誕生しました。

ドージコインは、他のデジタル通貨と比較しても大きな違いはありません。

そして、その有用性は非常に限られています。

Dogecoins.comに掲載されているインターナショナル・ビジネス・タイムズによると、48の企業がドージコインを受け入れています。

一方、オンライン企業ディレクトリサービスのCryptwerkは、4月16日の時点で、ドージコインを受け入れている1,200の場所、店舗、およびサービスを紹介しています。

しかし、よく考えてみてください。米国だけでも3,200万を超える企業があります。

さらに、The Hillによると、世界中に推定5億8200万人の起業家がいます。

これらの企業のうち、約1,200社しかドージコインを受け入れていません。

これは、ドージコインの使い道がいかに少ないかを示しています。

次の3つの株への投資は、ドージコインへの投資よりも賢明といえるでしょう。

苦労して稼いだお金をドージコインのようなギャンブルのような資産に投じるのではなく、次の3つの株を購入することを検討してください。

【米国株動向】ドージコインよりも注目のハイテク株3銘柄

セールスフォース

今すぐお金を稼ぐための賢い方法は、クラウドベースの顧客管理ソフトウェアプロバイダーであるセールスフォース(NYSE:CRM)の株を購入することです。

同社は、時価総額2,140億ドルという巨大企業にもかかわらず、長期的に年率20%以上の売上高成長を達成することが出来ると思われます。

顧客管理ソフトウェアは、顧客情報の記録やサービスや製品の問題点の監視などのタスクを処理するために使用されています。

また、オンライン・マーケティング・キャンペーンを管理する場合や、購入履歴などに基づいて既存顧客に新しい製品やサービスを提案するためのツールとしても便利です。

顧客管理ソフトウェアは、小売業界やサービス業界において非常に大きな効果を発揮しています。

そして、最近では銀行や病院などの非伝統的な場所でも効果を発揮し始めています。

セールスフォースを強力な企業にしているのは、同社が世界的な顧客管理サービスに関する売上高の多くを占めているからです。

IDC(Internet Data Center)は、2020年の前半に、セールスフォースが世界の顧客管理サービスに関する売上高の20%を占めていると推定しました。

これは、世界第2位から第5位を合わせたものを上回っています。

顧客管理サービスの質はデータ量に比例しますので、セールスフォースは顧客管理ソフトウェアの組み込みを検討している大企業にとって一番の選択肢となります。

また、セールスフォースは277億ドルで企業向けの通信プラットフォームであるスラック・テクノロジーズを買収する過程にあります。

この取引が成立した場合、セールスフォースは比較的安価なスラックのプラットフォームを、中小企業へのクロスセルの出発点として使用できるようになります。

これは、5年間で年間売上高が500億ドルに達するための鍵となるでしょう。

【米国株動向】セールスフォースの2021年予想売上高は21%の増加

ジュシ・ホールディングス

大麻株は、間違いなく現時点で最も人気のある株式です。

ニューフロンティア・データによると、米国での大麻の売上は、2019年から2025年の間に毎年21%増加し、最終的には415億ドルに達すると予想されています。

この成長から利益を得るための最も賢い方法は、小型の大麻事業者であるジュシ・ホールディングス(OTC:JUSHF)に投資することです。

ジュシの成長戦略は、他の大麻企業とは少し異なります。

多くの州に進出するのではなく、ジュシはペンシルバニア、イリノイ、バージニアの3つの州にほとんどの経営資源を集中しています。

3つの州に共通しているのは、その全てが小売ライセンスの割当て企業数を制限していることです。

ペンシルベニア州とイリノイ州はマリファナ小売店の数に上限を設けています。

バージニア州は、裁判所の管轄に基づいて医療用大麻ライセンスを割り当てています。

言い換えれば、ジュシの売上の80%以上は、競争が制限されている市場からのものです。

これは、ジュシが効果的にブランドを構築し、顧客を獲得することができるスマートな戦略です。

しかし、ジュシは一方で積極的な経営をしています。

ペンシルベニア州とバージニア州のマリファナ施設を買収してこれらの中核州でのプレゼンスを拡大し、それを足掛かりとしてカリフォルニア州とネバダ州に進出しました。

カリフォルニアは年間売上高で世界最大の大麻市場です。

そして、ネバダ州は2024年までに一人当たりの大麻支出で米国をリードすると予想されています。

なお、ジュシが調達した最初の2億5000万ドルの資本のうち、約4500万ドルは、内部関係者と経営幹部からのものでした。

経営幹部の利益と株主の利益が一致する企業は、優れた業績を上げる傾向にあります。

【米国株動向】2021年に注目すべき米国マリファナ株3銘柄

ピンタレスト

3番目にご紹介する株は、新進気鋭のピンタレスト(NYSE:PINS)です。

ピンタレストにとって2020年は素晴らしい年でした。

パンデミックにより人々が家に留まる中、多くの人が自分の興味を満たすためにソーシャルサイトに目を向けました。

これには、昨年1億2400万人の月間アクティブユーザーを獲得したピンタレストが含まれます。

しかし、パンデミックが発生するずっと前から、同社は新しい月間アクティブユーザーを獲得し続けています。

ピンタレストが惹きつけているユーザーの注目すべき点は、彼らが主に米国外の住人だということです。

2020年に獲得した1億2400万人の月間アクティブユーザーの90%以上は、米国外からでした。

一方、ユーザーあたりの平均売上は、米国以外ではかなり低い状況にあります。

つまり、同社は、新しく獲得したユーザーから多くの売上を生み出せていません。

しかし、同社は、今後10年間で米国外の月間アクティブユーザーの売上を大幅に成長させることができるでしょう。

より多くの米国外のユーザーがサインアップするにつれて、広告収入もユーザー数に比例するように増加します。

私たちは、同社が絶対的なeコマースの巨人になる可能性のある初期段階を目の当たりにしています。

ピンタレストのユーザーベースは、ユーザーの興味のあるもの、場所、サービスに特化しています。

つまり、同社は地球上で最もターゲットを絞ったプラットフォームの1つといえます。

同社が、これまでの方針を維持して経営を続ける限り、投資家は長期的に大きな利益を得ることが出来ると思われます。

【米国株動向】ピンタレスト決算が予想を上回り、株価が31%急上昇

フリーレポート配信

2021年に株価が倍になるようなポテンシャルの高い成長株を4つご紹介します。これらは、短期的なリスクは高いものの長期的に大きなリターンを目指す個人投資家向けの成長株です。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

まだ日本では知名度が低いが2021年注目の米国成長株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Sean Williamsは、ピンタレスト株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ピンタレスト株、ジュシ・ホールディングス株、セールスフォース株を保有し、推奨しています。
最新記事