The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】FOMCを控えて様子見ムードか

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:33,800~34200ドル】

先週23日のNYダウは反発し、前日比227.59ドル高の34,043.49ドルで取引を終了しました。

22日に株式などのキャピタルゲイン課税をバイデン政権が引き上げる方針が伝わり、朝方は売りが先行。

しかし、マーケットへの影響は限定的との見方から、ハイテク株中心に買いが入りました。

バイデン政権は、介護や子育てなどの支援を軸とする「米国家族計画」を今月にもまとめる見通しです。

その財源として富裕層を対象にキャピタルゲイン課税を引き上げる方針をだしました

しかし、増税の対象になる投資家が保有する株式比率は、マーケット全体で見ると小さく、影響は限定的との見方が広がりました。

今週はIT・ハイテク株の企業決算が本格化しますが、本日はテスラの決算が注目されます。

そして、経済指標では耐久財受注に関心が集まりそうです。

ただ、27・28日にFOMCが開催されることから、株式市場では様子見ムードが広がりそうです。

フリーレポート配信

米国の株式市場は最高値を更新している一方で、バブルを警戒する見方もあります。そこで、より堅実な投資先として、緩やかながらも成長し続け、持続的に増配する銘柄を検討してみてもよいでしょう。このレポートでは、堅実な成長が見込める5つの高配当株をご紹介します。

注目の米国高配当株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事