The Motley Fool

【米国株動向】高配当利回りが今後10年盤石なエネルギー2銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021411日投稿記事より

グローバル経済を支える最大のエネルギー源は、化石燃料から再生可能エネルギーへと移行しています。

これは何十年もの時間と何兆ドルもの新たな投資を必要とする巨大事業であり、時間軸の長さを考えると、エネルギー産業がすぐに化石燃料インフラをあきらめることはないでしょう。

むしろ、投資が再生可能エネルギーに向かう過程で、移行期における化石燃料インフラの価値が高まる可能性があります。

パイプラインなどのカナダのエネルギーインフラ大手エンブリッジ(NYSE:ENB)とTCエナジー(NYSE:TRP)の2社は、執筆時点で配当利回りが5%を超えますが、今後10年を見ても高配当利回りを維持できると考えます。

再生可能エネルギーの普及を可能にする

両社の最高経営責任者(CEO)は、再生可能エネルギーが普及するまでの移行期に、現在のインフラがエネルギーを安定供給するうえで大きな役割を果たすと確信しています。

この点は非常に重要です。常に太陽が照り、風が吹いている訳ではないため、再生可能エネルギーの欠点の一つは供給が不安定なことです。

いずれはエネルギー貯蔵がこのギャップを埋めるでしょうが、コストが高く現時点では普及していません。

エンブリッジのアル・モナコCEOは、オンラインのエネルギー会議において、「天然ガスは、低コストで豊富な埋蔵量があり石炭の利用を減らす上で重要であると同時に、再生可能エネルギーへの移行を助ける役割として重要である。

安定して最低水準の電力を供給するベースロード電源能力の構築が可能となり、再生可能エネルギーの不安定な供給に対処できる」と語りました。

TCエナジーのフランソワ・ポワリエCEOも同じ見方をしており、「天然ガスと液化天然ガスは今後10年間重要な役割を担っていく。既存のインフラからはエネルギー移行に投資するための巨額のキャッシュフローが得られる」と語りました。

TCエナジーや他のエネルギーインフラ企業は、エネルギー移行のための投資が可能であると同時に、魅力的な配当を維持できる見込みです。

将来も資産価値は高い

両社は、既存のインフラの価値がエネルギー移行によってますます高まると確信しています。

その一方、強まる環境団体や政府の反対で新たなパイプライン建設がますます困難になっています。

エンブリッジは、エネルギー需要が伸び続けているにもかかわらず、多くの新規パイプライン建設が難しいため、今後は現存するパイプラインの価値が増大すると考えています。

その一方で両社は、既存のインフラの大部分が将来的に低炭素燃料の輸送や貯蔵用として重要な役割を果たすと考えています。

既にエンブリッジは、オンタリオ州でバイオガスから得られる再生可能ガスの2つのプラントを操業し、その他にも多くの施設を建設中です。

また北米初の公益事業としての規模を誇る水素製造設備も稼働しています。

さらに同社の輸送・配送システムの活用に向けた水素・天然ガスの調合実験プロジェクトが進行中である一方、液体パイプラインと貯蔵設備の活用に向けた二酸化炭素の回収・貯蔵方法の評価を進めるほか、欧州の複数の洋上風力発電などの再生可能エネルギーにも投資しています。

TCエナジーは、エネルギー移行を支援する複数の既存資産の活用方法を探っています。

同社は、短期的には低炭素の天然ガスの利用増加を支えるネットワーク拡張の機会を見据える一方、中期的にはアルバータ州の電力会社が進める石炭から天然ガスへの燃料転換や、増加するカナダからの天然ガスの輸出を支援する可能性があります。

長期的には既存の天然ガス圧縮を電力圧縮へと転換し、既存ネットワークを使った天然ガス・水素など代替燃料の輸送を視野に入れています。

また同社は、排出ガスがゼロのオンタリオ州にある原子力発電所の延命にも巨額の資金を投じています。

配当を持続する能力

エンブリッジとTCエネジーの2社は、両社の北米のインフラはグローバル経済に不可欠であり、化石燃料の輸送・貯蔵のための施設の建設が難しいため、既存の資産の価値が増大すると予想しています。

その上で、いずれは資産の大部分を将来の新燃料の輸送・貯蔵に転用することが可能と考えています。

両社はキャッシュフローを上げ続けるはずであり、再生可能エネルギーや低炭素燃料の製造、輸送、貯蔵に必要な事業拡大資金と同時に魅力的な配当の原資を得るでしょう。

【米国株動向】3月に注目の大型エネルギー株3銘柄

フリーレポート配信

配当利回りが高く安定した値動きの株は、安定した配当収入をもたらし、株価の乱高下からストレスを受けずに、株を保有し続けることができます。また、多くの米国株は四半期毎に配当を支払うので、リタイヤ層に向いています。

リタイアメント層向けで注目の配当銘柄3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Matthew DiLalloは、エンブリッジ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、エンブリッジ株を保有し、推奨しています。
最新記事