The Motley Fool

【米国株動向】今注目のペット・ヘルスケア関連銘柄3選

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、202145日投稿記事より

新型コロナウイルスのパンデミックのちょっと変わった副作用として、ペット関連の支出がこの1年で急増したことがあげられます。

このストレスの多い時期を乗り切るためにペットに癒しを求める人が増えたのかもしれませんし、あるいは、外出禁止令によってペットと過ごす時間が増えたからかもしれません。

しかし、あらゆるペット関連商品、特にペットの健康維持を目的としたツールに対してかなりの需要があるというのは事実です。

以下、この業界に属する3つ銘柄、エランコ・アニマル・ヘルス(NYSE:ELAN)、トルパニオン(NASDAQ:TRUP)、およびアイデックス・ラボラトリーズ(NASDAQ:IDXX)を紹介したいと思います。

エランコ

エランコは、ペットや家畜用の医薬品やワクチンを開発する製薬会社で、今年は、牛、豚、家禽、犬、猫向けの抗生物質からノミ、ダニ、フィラリアの治療まで、8つの新しい治療薬を発売します。

2020年度の売上高は32億7,000万ドル、1株当たり利益(EPS)は0.47ドルでしたが、2021年度はペット関連医療業者や農家からの力強い需要を背景に、売上高が39〜41%増の45.5億〜46.3億ドル、EPSが113%増の1ドルと大幅な増収増益になる見込みです。

さらに、中国は豚インフルエンザの発生で壊滅的な打撃を受けた養豚業に対して飼育頭数の再建を始めたことから、同国からかなりの需要がありました。

エランコの売上高の56%以上が海外からのものです。

現在、エランコの財務状況は、現金4億9,500万ドルに対し借入金が62億2,500万ドルあり、理想的とはいえません。

しかし、経営陣は今年5億ドルの借入返済を行い、レバレッジ比率(負債額を自己資本額で割った比率)を2023年までに3倍まで低下させる計画です。

株価売上高倍率(PSR)は3.8倍、株価収益率(PER)は約30倍であり(執筆時点)、今後の明るい見通しを考えれば株価は適正だと思います。

エランコはペット関連のヘルスケア株に関心があれば注目の銘柄です。

トルパニオン

トルパニオンは、ペット保険の大手プロバイダーです。

そのサービスは消費者からトップクラスの評価を得ており、月間平均解約率はわずか1.29%です。2020年の付保ペット数は前年比33%増の862,928匹となりました。

消費者が払う月間保険料は平均60.37ドルで、諸経費控除後のトルパニオンの受取額は7.83ドルです。昨年の売上高は前年比31%増の5億200万ドルとなりましたが、最終損益は前年同様終始とんとんでした。

同社の潜在力は長期的なものです。同社のペット保険契約は、ペット1匹当たり全期間で平均606ドルの保険料収入を生み、これに対し全てを含めた費用は平均で272ドル、内部収益率(IRR)は35%です。

これほどの素晴らしい成長率であれば、5.6倍のPSRは合理的だと思います。

パンデミックが発生する前でさえ、付保されるペットの数は年率23%で増加しており、2019年には252万匹に達しました。

【米国株動向】ペット保険のトルパニオンに大きな成長可能性

アイデックス・ラボラトリーズ

アイデックス・ラボラトリーズのPSRは15倍であり(執筆時点)、3銘柄で最も割高ですが、それには相応の理由があります。アイデックスは現在、動物用診断機器の最大のメーカーの1つです。

同社は、実験室用検査装置、簡易分析、水質・微生物検査コンサルティングサービス、診断機器、およびソフトウェアを提供しています。

これらの検査により、ペットの遺伝性疾患から固形腫瘍まで、ほぼすべてを検出することができます。

昨年、同社の売上高は前年比12%増の27億ドル、EPSは同37%増の6.71ドルとなりましたが、今年度は最大でそれぞれ31億2,000万ドルおよび7.71ドルとなる見込みです。

ペット用診断機器の市場規模は現在世界全体で約38億ドルにすぎず、同社は、2位以下のメーカーを大きく引き離し、市場をほぼ独占しています。

ペットの医療や健康に関する取引が全米で増加するなか、アイデックスはおそらく業界で最も優れた投資先であり、株価は過去12カ月ですでに2倍になっています。

大きく成長しつつあり、優れた製品を揃えたアイデックスは間違いなく今最も注目すべきペット用診断機器銘柄です。

【米国株動向】この3銘柄の株価は今年中に10倍になり得るか?

フリーレポート配信

株式市場は高値圏にあり、下落・調整リスクを懸念する見方があります。そこで、市場の調整局面でも比較的安定して推移することが期待される消費財銘柄を3銘柄紹介します。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

ディフェンシブな優良消費財銘柄3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Zhiyuan Sunは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アイデックス・ラボラトリーズ株、トルパニオン株を保有し、推奨しています。
最新記事