The Motley Fool

ニューヨーク証券取引所がNFTに参入。個人投資家に影響は?

出典:Getty Images

2021年3月22日、Twitterの共同創設者でCEOを務めるジャック・ドーシー氏の最初のツイートが、日本円で3億円以上で売買されたことが話題になりました。

単なるデジタルデータで複製も容易そうに見えるツイートが何故、3億円で売買できるのでしょうか。

実はデジタルデータの所有権を売買できるNFTという仕組みによって、所有者の履歴を特定するブロックチェーンの技術によって、単なるデジタルデータのツイートに唯一性をもたせたのです。

単なるツイートのテキストデータそのものはコピーすることが可能です。

しかし、オリジナルの「本物」のツイートとコピーされたツイートのテキストデータをNFTは区別できるのです。

そしてニューヨーク証券取引所もNFTに参入したことが話題になりました。

ニューヨーク証券取引所のNFT参入は個人投資家に何か影響はあるのでしょうか。

NFTとは?

NFT(Non-Fungible Token)とは代替不可能なトークンのことです。

暗号通貨と同じくデジタル資産でブロックチェーンの技術が使われています。

しかし、ビットコインをはじめとする暗号通貨とNFTには決定的な違いがあります。

Aさんが持っている1ビットコインも、Bさんがもっている1ビットコインも同じデジタルデータです。

AさんとBさんの持っているビットコインを交換しても、同じデジタルのデータが交換されただけです。

交換された後も同じデジタルデータを保有しているため、交換される前も後も保有しているビットコインに変化はありません。

しかし、NFTは文字通り代替不可能なトークンです。

Aさんが持っているNFTは唯一無二のデータで、Bさんと同じNFTを交換するという場面自体が成立しません。

実物の名画モナ・リザは唯一無二の存在ですが、デジタルデータのモナ・リザをパソコンに保存しても同じ価値には当然なりません。

もちろん、それをプリントアウトしても名画モナ・リザと同じ価値には当然なりません。

では、オリジナルの作品がデジタルデータのアート作品だとどうでしょうか。

オリジナルのデジタルアートはデジタルデータとして簡単にコピーされてしまいます。

そして、コピーされたデジタルアートとオリジナルのデジタルアートには差がありません。

NFTはオリジナルのデジタルデータをブロックチェーンの技術によって唯一無二の存在であることを証明できる技術なのです。

NFTのメリット

NFTのメリットは、デジタルデータに唯一無二の代替不可能な希少性を与えることです。

これによってデジタル資産の値づけが可能になります。

NFTを用いることで、デジタルデータにもオリジナルと贋作の区別がつくようになりました。

同じデジタルデータ自体は再現可能でも、ブロックチェーンの技術によってオリジナルと贋作の概念を生み出したことで、オリジナルのデータに高い値づけができるようになりました。

またNFTにはデジタルな知的所有権を保護できる可能性も秘められています。

ただしNFTのデジタルデータが高額でやりとりされているのはバブルなのではないかという懸念や見方もあります。

オリジナルと証明されたデジタルデータと、コピーされたデジタルデータに価値を見出す人がそこまで一般的になるのだろうかという懸念です。

デジタルデータに唯一無二のお墨付きが与えられたところで、何億円もの価値が付与されるのは流石にバブルなのではないかという見方もあります。

NFT の活用事例

NFTの活用事例は多岐に渡ります。

例えばデジタルアートに希少性をもたせる、会員権をNFT化する、不動産をNFT化して売買の取引を簡単にする、ゲームのキャラクターやアイテムをNFT化することで取引可能にするなどが考えられます。

トレーディングカードがNFTのデジタル資産となって即完売するなど、デジタルデータに代替不可能なお墨付きと証拠が与えられるだけで「価値」が生まれました。

現物の資産とNFTを紐づけることもできます。

NFTの参入が個人投資家に影響を与えることは考えにくい

NYSEがユニティ(Unity)、クーパン(Coupang)、スノーフレーク(Snowflake)、スポティファイ(Spotify)、ロブロックス(Roblox)、ドアダッシュ(DoorDash)の6社のNFTを発行したことが話題になりました。

しかし、NYSEがNFTのマーケットプレイスになる訳ではありません。

それぞれの銘柄がIPOされた「記念」の最初の取引伝票がNFT化されただけのことです。

特にこれらの銘柄の取引伝票がNFT化されたところで大きな影響はありません。

NYSEがわざわざNFTを発行した理由は定かではありませんが、NYSEの技術力や最先端をいくトレンドを世界中に示したのは間違いないでしょう。

NYSEはあくまでもNFTを発行しただけで販売した訳ではありません。

しかしNYSEの新しいことに積極的に取り組む姿勢は確認できたのではないでしょうか。

NFT関連の投資は美術品への投資に近い

米国株投資とは関係なく、純粋に金余りの状況でNFTと紐づいたデジタルデータを資産として投資するアプローチはありえます。

NFTの資産は株と異なり、業績などの資産の裏付けや実態がありませんが、NFT関連の資産の価値の一部はバブルの様相を見せています。

中国で古美術市場のオークションが盛りあがったことがありますが、その対象がデジタルデータになっただけのことです。

NFT関連の投資は一点ものの作品や権利に対する投資となるので、株投資より美術品のオークション、競りに近いものになります。

そのため株価のような明確な基準のようなものがなく、「目利き」が必要な難しい市場になるのではないでしょうか。

株式市場や為替市場のような流動性の高い大きなマーケットは、価格の歪みがすぐに正される情報の非対称性が小さい市場です。

しかしNFTが使われる一点ものの市場は、株式市場よりも情報の非対称性が大きく古美術商のような「目利き」の力が必要になるのではないでしょうか。

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事