The Motley Fool

【米国株動向】投資初心者にお勧めの2銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、202141日投稿記事より

「知っているものに投資しろ」とは著名投資家ピーター・リンチ氏の名言であり、投資先企業について十分に調べて理解した上で投資しろという意味です。

同氏はまた、得意な分野で投資をしろとも言っています。

これは特定の業界やセクターを指すこともあれば、バリュー株やグロース株を見つけることも含まれますが、得意な分野を見つけるには経験が必要です。

米国の株式市場には5,000を超える銘柄が存在しますが、投資初心者は一体どこから手を付けたらよいのでしょうか。

手っ取り早い方法の1つが、大手で安定しており、その企業について多少の知識がある銘柄に投資することです。

バンク・オブ・アメリカ:資産を守る堤防

バンク・オブ・アメリカ(NYSE:BAC)は米国の大手銀行で、資産額ではJPモルガン・チェースに次いで国内第2位です。

全米に4,200の支店網を持ち、富裕層向けの資産運用業務、投資銀行業務、機関投資家向けトレーディングサービスなども手掛けていますが、最大の収入源は個人向け銀行業務です。

銀行業界は2020年に、新型コロナウイルスのパンデミックとそれに起因する景気後退で深刻な影響を受けました。

バンク・オブ・アメリカの株価も2020年に約11%下落したものの、長期的には好調を維持しており、3月31日までの10年間の年率リターンは約12.8%と、金融セクターやS&P500指数をアウトパフォームしています。

パンデミックの影響で融資、投資、M&Aなどの繰延需要が蓄積しており、いずれも同行のサービス範囲であることから、景気が回復すれば追い風です。

同行はまた、デジタルインフラの整備を積極的に進めており、ネットバンキングのアクティブユーザーは前年同期比3%増の3,900万人、モバイルバンキングのアクティブユーザーは同6%増の3,100万人となっています。

業界全体がデジタル化を進める中で、バンク・オブ・アメリカはトレンドをリードしています。

株価は年初来で既に27%上昇していますが、株価純資産倍率(PBR)に基づくと依然として割安で(執筆時点)、景気回復や金利上昇など、同行には多くの好材料が待ち受けています。

【米国株決算】バンク・オブ・アメリカの最新決算情報と今後の株価の推移

ウォルト・ディズニー:自分にとっての幸せな場所

ウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)のテーマパークは、「世界で一番幸せな場所」をキャッチコピーとしています。

しかし、パンデミックに見舞われた2020年は、同社が経験した中で最も厳しい年でした。

テーマパークは数カ月にわたって全て休業し、その後、一部で徐々に営業を再開しましたが、入場者数を制限しています。

ディズニー、マーベル、ルーカスフィルム、ピクサーなどを含む映画製作部門では、大ヒットが予想されていた作品の公開が延期されたり、劇場公開が見送られたりしました。

これらの結果、2021年第1四半期(10-12月期)の売上高は前年同期比22%減、1株当たり利益(EPS)は同98%減となりました。

一方で、ABC、ESPN、Hulu、そしてDisney+といった、テレビ放送や動画配信サービスを手掛けるメディアおよびエンターテインメント部門は、パンデミックの間に力強く成長しました。

Disney+を筆頭とする動画配信サービス部門の第1四半期売上高は73%増の35億ドル、テレビネットワーク部門は2%増の77億ドルとなり、両部門を合計すると全社売上高の約4分の3を占めました。

Disney+は新しいコンテンツを次々と配信しており、今後も売上高の成長を牽引し続けると予想されます。

夏までには米国の成人の大半がワクチン接種を完了する見通しで、そうなればテーマパーク部門や映画製作部門も回復するはずです。

ディズニーは同社史上で最も厳しい年を切り抜け、今後も投資家にとって幸せな場所を長期的に提供し続けるとみられます。

バンク・オブ・アメリカとディズニーには安定性に加え、進化することで時代を超えて生き残ってきた、市場をリードする事業という共通点があります。

どちらも投資初心者のポートフォリオの重要な構成要素として検討に値する銘柄です。

【米国株動向】ディズニーのカリフォルニアパークが4月30日に再開

フリーレポート配信

株式市場は高値圏にあり、下落・調整リスクを懸念する見方があります。そこで、市場の調整局面でも比較的安定して推移することが期待される消費財銘柄を3銘柄紹介します。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

ディフェンシブな優良消費財銘柄3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴはモトリーフール米国本社のザ・アセントの広告パートナーです。元記事の筆者Dave Kovaleskiは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、ウォルト・ディズニー株を保有し、推奨しています。
最新記事