The Motley Fool

自動売買ツールをプレゼント?注意すべき悪質なアフィリエイトサイトの手口

コロナウイルス 投資
出典:Getty Images

WebサイトやSNSで投資情報を集めている人も多いのではないでしょうか。

Google検索、Twitter、Instagram、Facebook、LINEなどWeb媒体には投資家や専門家の声と同時に広告も飛び交っています。

個人投資家で注意しなければいけないのが広告との付き合い方です。

Webマーケティングや広告を生業としている人の中には、個人投資家をターゲットにビジネスをしている人も多く、無防備で情報を受け身で浴びていると、思わぬ損をしてしまうかもしれません。

Web広告やマーケティングの全てが悪い訳ではもちろんありません。

しかし、流れてくる情報を無防備に何も考えずに浴び続けるのも考えものです。

本記事では自動売買ツールのプレゼントなど代表的な手口とアフィリエイト広告との付き合い方についてご紹介します。

自動売買ツールをプレゼントしてくれる訳

SNSには何故かFXや仮想通貨をはじめると「自動売買ツール」をプレゼントしてくれる親切なアカウントにフォローされることがあります。

何故、見ず知らずの人をわざわざフォローして「自動売買ツール」をプレゼントしてくれるのでしょうか。

アカウントを眺めてみると「自動売買」のシステムトレードで儲かった様子が発信されており、眺めていると、ついつい試してみたくなってしまいます。

しかし、自動売買ツールを無料で販売するアカウントはボランティアでそんなことをしているのでしょうか。

実は自動売買ツールを販売しているアカウントの狙いはアフィリエイト広告による収入にあります。

アフィリエイト広告の仕組み

アフィリエイト広告とはWebの「成果報酬型広告」のことです。企業は自社商品やサービスを販売促進するために広告を打ちます。

企業はASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に成果報酬型の広告を出稿します。

ASPとは企業のアフィリエイト広告の仲介業者のことです。

Webメディアや個人のブロガーがASPを通して企業が出した広告を配信できるように登録します。

つまりWebメディアや個人が間接的に成果報酬型の広告をメディアに貼って配信するのです。

そしてWebメディアやブロガーは、魅力的な情報やお役立ち情報を発信しつつ、メディアやブログに訪れた人にアフィリエイト広告を通して商材の販売やお申しこみにつなげる努力をします。

Webメディアやブロガーが間接的に企業のサービスを代わりに宣伝する仕組みがアフィリエイトです。

自動売買ツールをプレゼントしてくれるアカウントの正体は、このアフィリエイト広告をしている個人や団体です。

自動売買ツールを無料でプレゼントするにあたり、あわせてFXなどの口座開設のアフィリエイト広告をサイトやSNS経由で流し、登録させることで、広告費を歩合で受け取るのです。

自動売買ツールの販売者は投資家が自動売買ツールで儲かろうが、損をしようが後は関係ありません。

投資系のアフィリエイトサイトは玉石混交

アフィリエイト広告の仕組み自体が悪い訳ではありません。

アフィリエイトはメディアやブログなどの提携先が間接的に集客をして、サービスや商品のお申しこみにつなげます。

通常、広告先のサービスや商品を購入・申し込みしてもらうために読者にとって「有益」な情報を発信します。

もちろん、分かりやすく情報をまとめて、投資家にとって役に立つ情報を発信している良心的なメディアやブログもあります。

しかし、メディアやブロガーの中には残念ながら広告費を得ることを最優先に考える人もいます。

例えば投資初心者にリスクの高い取引手法を魅力的に紹介して、リスクをほとんど伝えずに、広告先の口座を開設させるなどの事例があります。

つまり、アフィリエイト広告の成果報酬を狙うメディアやブログの情報は玉石混交です。

お申し込みの数を増やすことを第一に考えているメディアやブログの中には、儲け主義で投資家のことを考えていないケースも見られます。

売りこみ色の強すぎるメディアには警戒するべき

投資関係のメディアの中には売りこみ色の強いメディアがあります。

ベネフィットと呼ばれる投資をした先にある未来、取引ツールを使えば儲かる未来など、心理学や経験則に基づいた人の心を動かす訴求と売りこみを積極的にしてきます。

資本主義なので企業が商品をセールスする、マーケティングするのは自然なことです。

しかし、情報の受け手は無防備でいるべきではありません。

何も考えずに情報を浴び続けていればマーケティングの餌食にされてしまいます。

広告やマーケティングは商品やサービスを必要な人に届けるための素晴らしい仕組みですが、情報を何でもかんでも鵜呑みにしてしまってはいけません。

自己アフィリエイトで口座を開設する方法

アフィリエイト広告の中には、自己アフィリエイトをしても良い広告もあります。

自己アフィリエイトとは、自分でブログやメディアを立ち上げてアフィリエイト広告を貼り、自分自身が広告を経由してサービスや商品を購入することです。

自己アフィリエイトを使えば手間はかかりますが、自分で申し込みをして自分で成果報酬を企業から受け取ることができます。

例えば、ネット証券やFX業者の中にも自己アフィリエイトが可能な広告を提供している事業者があります。

SBIネオモバイル証券など比較的、新しい事業者が取引する人を増やすために自己アフィリエイト広告ができる広告をASP経由で配信しています。(広告の規約はよく変更されるので確認は必要です)

もしも興味のある取引事業者がアフィリエイト広告を配信しているようなら、自己アフィリエイトができるかどうかを調べてみると、良いお小づかい稼ぎができるかもしれません。

手順は、ブログを開設する、ASP(代表的なA8.netやafb)などに登録する、自己アフィリエイトできる広告を探して申請する。

証券やFXの口座を開設する場合は、証券やFXに関連するブログを書くと審査が通りやすくなります。

また自分でアフィリエイト広告を配信してみることで、多くの投資ブログやメディアの裏の意図が読めるようにもなります。

まとめ

本当に投資家に寄り添った情報を発信しているメディアなのか、広告費や成果報酬をとにかく優先しようとしているメディアなのかを見極めるリテラシーを身につけることが大切なのではないでしょうか。

ただ、投資家に寄り添った情報発信を積極的にしているメディアやブログも多く参考になるコンテンツもWebやSNSにはたくさんあります。

だからこそ、自分で能動的に情報を取捨選択できる力を身につけたいものです。

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事