The Motley Fool

イールドカーブ・コントロールとは?YCCの効果やデメリットを解説

出典:Getty Images

日本銀行は日本の中央銀行として金融政策を発表する、金融機関の中核です。

そのため、日本銀行の取る政策や行動は、日本の金融市場に与える影響は大きく、投資をする際は注意しなければなりません。

「イールドカーブ・コントロール」は日銀が2016年に導入した政策で、2021年時点でも実行されています。

そこで今回は、イールドカーブ・コントロールとはどのような政策なのか解説します。

イールドカーブ・コントロールとは?

イールドカーブ・コントロールとは、長期金利と短期金利の誘導目標を操作し、イールドカーブを適切な水準にコントロールすることを指します。

YCCと略称されることもあります。

2016年9月の日銀金融政策決定会合で新たに導入した政策枠組み「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の一つで、短期金利のマイナス金利政策に加え、10年物国債の金利が概ねゼロ%程度になるように買い入れをします。

つまり、日本銀行が国債を買い入れる際の上限金額に一定の目途を立て、長短金利の操作が実現するように調整するということになります。

イールドカーブとは?

イールドカーブとは、縦軸が債券の利回り(金利)で横軸が債権の償還期間(残存期間)とした曲線グラフのことを指します。

債券の利回りを示しているグラフのため、利回りグラフとも呼び、金利の期間構造を表していることから、債券投資の際に重要視される指標になります。

通常のイールドカーブは期間の短い金利が低く、期間の長い金利は高くなるため、曲線は右上がりになり、右上がりのイールドカーブを順イールドと呼びます。

しかし、当時は日銀の金融緩和の影響で、イールドカーブがフラット化(期間の短い金利が高く、期間の長い金利が低い)したことにより、イールドカーブが右下がりになってしまいました。

右下がりのイールドカーブを逆イールドカーブと呼びますが、イールドカーブ・コントロールは、右下がりとなった曲線を右上がりに立たせることを目的としています。

2016年に始まったイールドカーブ・コントロールの効果

2016年9月、日銀はイールドカーブを右上がりに立たせるために、具体的に次の方針を発表しました。

  • 政策金利残高にマイナス金利を適用
  • 10年物国債金利がゼロ%程度になるように長期国債の買い入れ

日銀が採用するまで、長期金利の操作は主要国でも採用されたことのないオペレーションだったため、日銀が長期金利をコントロールできるのか疑問の声が上がっていました。

しかし、結果からみればマイナス金利導入後の長期金利はゼロ%程度の水準を維持しており、日銀は長期金利のコントロールに成功したといえます。

また、イールドカーブ・コントロールを導入したことで、金融政策が「量から金利へ」と切り替わったことが上げられます。

従来の金融緩和施策は保有残高やマネタリーベースなどの量を操作対象としていましたが、イールドカーブ・コントロールを導入したことで金利水準が重視されるようになっています。

実際、従来の捜査対象であったマネタリーベースに関する記述は削除され、長期国債を購入する際の「年間80兆円」は目途に格下げとなりました。

以上のことから、イールドカーブ・コントロールを導入したことで長期金利を操作し、金融緩和の持続性を向上させたといえます。

イールドカーブ・コントロールのデメリット

一定の効果を上げたイールドカーブ・コントロールですが、一方で副作用ともとれるデメリットが指摘されています。

長期金利を一定の水準に保てたということは、ボラティリティが極端に低下し、安定感が高まったとも取れます。

アメリカやドイツといった海外主要国の長期金利と比較しても、ボラティリティは低く、スイスの長期金利よりも低くなっています。

その結果、イールドカーブ・コントロールを始めてから日本の長期金利は、アメリカの長期金利が変動した時の影響を受けづらくなり、アメリカの金利が下がるときに円高圧力が強まるという副作用を引き起こしています。

イールドカーブ・コントロールの今後

イールドカーブ・コントロールを導入したことで、デメリットのような副作用は起きましたが一定の効果を上げているのは事実です。

しかし、日銀の政策は長期金利を安定するのが目的ではなく、物価を安定させることを目的としています。

2020年の時点で、当時の日銀が打ち出した年2%の物価上昇という目標は果たせておりません。

また、イールドカーブ・コントロールの成功は、金融政策を正常化するときに発生すると予想される長期金利の急上昇を抑えられるのではないかと期待されています。

2016年9月に日銀が導入したのはイールドカーブ・コントロール以外に、オーバーシュート型コミットメントがあります。

これは、インフレ率が2%を安定的に超えるまで、日銀は金融緩和を終了しないという約束(コミット)になります。

以上のことから、イールドカーブ・コントロールはイールドカーブが右上がりになったり、インフレ率が2%に到達したりしても、しばらくは続けられる可能性は非常に高いと言えます。

まとめ

以上が、イールドカーブ・コントロールになります。

イールドカーブ・コントロールは長期金利と短期金利を操作して、イールドカーブを適切な形・水準に維持する政策です。

長短金利操作とも呼び、2016年にオーバーシュート型コミットメントともに導入されており、2021年時点でも続いています。

長期金利のコントロールという面では一定の成功を示していますが、日本の長期金利が変動しづらくなったことで、アメリカの長期金利が下がった場合に円高の圧力が強まるといった副作用が出ています。

イールドカーブ・コントロールは今後も続くと予想される政策のため、日本の10年物国債の金利は日銀がゼロ%水準になるように維持しているということを覚えておきましょう。

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事