The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】ISM非製造業景況指数に注目

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:33,000~33,500ドル】

2日(金曜)の米国株式市場は休場でした。

ただ、労働省が発表した3月の雇用統計では、非農業部門の就業者数が前月から916,000人増となり、市場予想の675,000人を上回りました。

米国の景気回復が進んでいるとの見方から、13時30分時点のNYダウ先物は216ドル高となっています。

米国の株式市場には明るさが戻ってきています。

2月から3月にかけては米10年債利回りが急上昇したことから、相対的な割高感が意識されやすいハイテク株中心に売られて軟調な展開でした。

ただ、長期金利の上昇に一服感が出てきたことから、再び株式を買う動きになっているのです。

とくに機関投資家の多くが運用指標とするS&P500種株価指数は、節目の4,000ポイントを突破し、過去最高値を更新しています。

雇用統計の結果を受け、本日も堅調な展開となりそうです。

経済指標では、23時のISM非製造業景況指数に注目。

1日に発表になったISM製造業景況指数は64.7と市場予想の61.3を大きく上回りました。

今回のISM非製造業景況指数の予想も58.5と前回の55.3から改善する見通しですが、予想を上回るかどうかに関心が集まりそうです。

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事