The Motley Fool

ビットコインETFとETPの違いは?ETNやETCとの違いも解説

出典:Getty Images

2021年に入り、ビットコインETFが海外の取引所で上場するようになりました。

今後もビットコインETFの上場は続くと予想されていますが、以前から上場しているビットコインETPとの違いが分かりづらいです。

そこで今回は、ETFとETPの違いや、ビットコインETFとETPの違い、ETNやETCとの違いなども併せて解説します。

ETPとは?

ETPとは、Exchange Traded Productsの略称で、日本語に訳すと上場取引型金融商品で、取引所に上場して特定の指標の値動きに連動する運用成果を目指す金融商品の総称になります。

つまり、下記の上場取引型商品をまとめてETPと呼ぶのです。

  • ETF…上場投資信託
  • ETN…上場投資証券
  • ETC…コモディティ上場投資信託

上記のなかで有名なのはETF(上場投資信託)ですが、媒体によってはETFとETPが同列に扱われている場合があります。

NISAなどの影響でETFの知名度が上がりましたが、ETPの知名度はそれほど高くないため、ETPはETF以外のETN(上場投資証券)やETC(コモディティ上場投資信託)であるかのように説明されているのです。

ETPとETFが同列なのは誤りで、ETPは上場取引型金融商品の総称になり、ETFやETN、ETCはETPの一種だと覚えておきましょう。

ETFとETNの違いは?

ETFが上場「投資信託」に対して、ETN は上場「投資証券」になります。

どちらも特定の指数と連動をするのを目指した上場取引型金融商品になり、取引所でリアルタイムに売買できるという共通点があります。

一方で、ETFとETNは売買の仕組みとリスクに違いがあります。

まず、ETFは投信委託会社が特定の指標に連動するように株式や債券、REIT、金などを用いて投資信託を組成して、東京証券取引所などの取引所に上場します。

一方でETNは信用力の高い金融機関が特定の指標に連動するように発行した社債券(証券)を取引所に上場します。

このとき、ETNは「外国における社債発行のための法律」を根拠法としており、金融機関は自身の信用力により社債券を発行しているため、裏付け資産がありません。

つまり、ETFは特定の指標に連動するように、裏付けとなる株式や債券などの現物資産を保有しますが、ETNは特定の指標に連動すればどのような資産運用をしてもかまわない金融商品になります。

ETNはETFだと購入・組成できない農産物や外国人規制がかけられている株式などに投資をできるというメリットはありますが、裏付けとなる現物資産を保有していないため、発行している金融機関が倒産する、あるいは財務状況が悪化するとETNの価格が大幅に下落する、無価値となるというリスクがあります。

また、ETFは基準価額の変動率と指数の変動率との間にずれが発生するリスクがあります。

これをトラッキングエラーと呼び、基準価額と市場での取引額が一致しないというデメリットになりますが、ETNは裏付け資産がないため運用管理などの費用を除いてトラッキングエラーが発生しません。

ほかにも、ETFは運用期間が無制限となっているが、ETNは償還期間が決まっている、ETFは分配金が発生するが、ETNは基本的に分配金が発生しないといった違いがあります。

ETFとETCの違い

ETCとは、コモディティ上場投資信託のことで、コモディティは金融業界だと商品を指す言葉になります。

主に商品現物・先物市場で取引される原油や石油、金、銀、プラチナ、トウモロコシ、大豆、天然エネルギーといった商品のことになります。

つまり、ETCは原油や金といった商品現物や商品先物(デリバティブ)の価格や指数に連動することを目的とした投資信託になります。

基本的な運用手法は現物への投資で、連動する指標によっては複数の現物を購入する場合もあります。

ETFとETCに大きな違いはありません。

どちらも投信委託会社が発行し、裏付け資産として現物資産を保有しています。

そのため、ETCという名称は一般で使用されていないケースも多く、金ETFや銀ETFといったように株式や債券以外のETFという形で紹介されています。

ETFとETCの違いを上げるとしたら、インカムゲインの有無です。

インカムゲインとは株式や債券といった資産を保有していると得られる収益のことで、ETFでは組成している株式や債券の収益を分配金として受け取れます。

しかし、ETCは原油や天然ガス、金といった商品現物を保有する投資信託のため、インカムゲインが発生しません。

そのため、ETCで利益を得られるのはキャピタルゲイン(売買差益)だけになります。

また、ETFに比べればETCは取引高が小さいです。

取引高が小さい市場は、ちょっとした資金注入で価格が変動しやすくなるため、必然的にボラティリティや価格変動リスクが高い金融商品になります。

ビットコインETFとETPの違いは?

2021年2月18日、トロント証券取引所に世界で初めてビットコインETFが上場しました。

「パーパス・ビットコインETF」は取引開始後2日間で売買代金が4億ドル(約420億円)に迫るなど、好調な滑り出しとなっています。

このETFが「世界で初めてのビットコインETF」と報道されたのは、2018年の時点でビットコインETPが登場しているからです。

2018年にスイス証券取引所に上場した「Amun Crypto Basket Index (HODL)」はビットコインを含めた複数の暗号資産を購入するデリバティブ(金融派生商品)で、扱いとしてはETFではなくETCになります。

記事執筆時点で最大のビットコインETPである「ビットコイン・トラッカーEUR」も、ビットコインのリターンを反映するためのスワップ契約に投資するETPのため、ETFではありません。

そのため、物理的に決済されたビットコインに直接投資するという意味でのETFとしては、「パーパス・ビットコインETF」が世界で初めてになります。

これから暗号資産を始める方にしてみれば、ビットコインETFは自分でウオレットなどを用意しなくてもビットコインだけのリターンを受け取れるETFになります。

まとめ

以上が、ビットコインETFとETPの違いになります。

ETPは上場取引型金融商品の総称で、ETFはETPの一種という扱いになります。

ETPにはETF以外にETNやETCがあり、それぞれETFと異なる点があります。

ビットコインETPの場合はビットコイン以外の暗号資産を購入するデリバティブ(金融派生商品)で、ビットコインETFはビットコインを直接購入するETFになります。

どちらもリスクはありますが、ビットコインのリターンを直接受けるのを目的とするなら、ビットコインETFになります。

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事