The Motley Fool

【米国株動向】アークの創業者キャシー・ウッド氏が購入している新規上場3銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021317日投稿記事より

2020年にアーク・インベストメント・マネジメントが運用する5本の上場投資信託(ETF)がいずれも100%を超えるリターンを上げるなど、創業者兼最高経営責任者(CEO)のキャシー・ウッド氏は無敵を誇ります。

同氏には、破壊と創造のトレンドを見分け、投資につなげる能力があるようですが、過去数週間に、リスクが大きい複数の新規上場銘柄に投資しました。

同氏の実績を考えれば、検討に値する銘柄かもしれません。

ロブロックス

オンラインゲーム企業ロブロックス(NYSE:RBLX)の上場初日に最も注目されたのは、アーク・ネクスト・ジェネレーション・インターネットETF(NYSE:ARKW)が同銘柄を50万株取得したことです。

リスクの大きさから通常では考えられない投資行動ですが、ウッド氏が同社の持続的成長に十分自信があることを示唆しています。

ロブロックスは、最も人気のある子供向けオンラインゲームプラットフォームというだけでなく、子供が自身で専用ゲームを作成するオンラインセミナーを開催しています。

創作ゲームはプラットフォーム上で公開される可能性があり、「開発者」はプロ並みのプログラミング技術を習得する必要がありません。

ロブロックスの2019年売上高は前年比56%増、2020年は同82%増と急成長しています。

2020年の最終損失は同264%増と拡大していますが、フリーキャッシュフローが27倍に急増していることから、これはキャッシュ以外の損失によるものと思われます。

同社の日次アクティブユーザーは、前年を85%上回る3,260万人に増加しました。

プラットフォーム上のゲーム開発者は800万人を超え、セミナー料金収入は3倍近くに拡大しました。

【米国株動向】3月に注目すべきホットなIPO銘柄3選

ドラフトキングス

過去数週間にアーク・イノベーションETF(NYSE:ARKK)とアーク・フィンテック・イノベーションETF(NYSE:ARKF)は、数回にわたりドラフトキングス(NASDAQ:DKNG)株を取得し、先週だけで合計175万株にのぼりました。

ファンタジースポーツ(架空のスポーツチームで試合をするオンラインゲーム)やオンラインギャンブルを提供する同社は、特別目的買収会社(SPAC)と合併した後1年も経たないうちに上場しましたが、確かに創造的破壊というファンドの投資目的に合致しています。

合法的ギャンブルは広まっており、同社が好位置につけるオンラインスポーツベッティングは最も成長している分野です。

2020年12月期(通期)は、投資が急拡大し最終損失は前期を491%上回りましたが、調整後売上高は前期から90%増加しました。

戦略は奏功しつつあり、1カ月に一度は試合をしたプレーヤー数は前期比29%増加し、1人当たり売上高は同31%拡大しました。

これは、同社が新規ユーザーを獲得するだけでなく、既存ユーザーからの売上を増加させる能力があることを示しています。

ドラフトキングスは12州に事業を展開し、同業他社に先行しています。

リスクを伴うとは言え、合法的ギャンブルとオンラインスポーツベッティングの普及が追い風になっています。

オンラインギャンブルサイトで注目すべき「ドラフトキングス」

スキルズ

アーク・ネクスト・ジェネレーション・インターネットETFが先週118万株を購入した新規上場銘柄は、12月にSPACと合併したスキルズ(NYSE:SKLZ)です。

OSがアップルのiOSでもアルファベットのアンドロイドでも、同社のプラットフォーム上ではユーザーがゲームを競い賞金獲得やポイントを貯めることが可能になります。

これは確かに、最先端の製品を発掘するというウッド氏の基準に合致します。

2020年12月期(通期)売上高は前期比92%増、売上総利益は同91%増でしたが、新規会員獲得競争によるマイナスの影響で最終損失は同408%拡大しました。

一方、月間アクティブユーザー数は前期から121%の増加、月間1人当たり売上高は同約12%の減少でした。

2020年売上高は2億3,000万ドルですが、経営陣は同社が参入可能な市場規模をおよそ860億ドルと推計しています。

投資家が知っておくべきこと

3銘柄に共通するのは赤字決算に加え、株価水準が高くバリュエーションも割高であることです。

予想株価売上高倍率(PSR)はスキルズが29倍、ドラフトキングスが27倍、ロブロックスは19倍です。

新規上場銘柄は比較的リスクが大きく、株価も乱高下しやすいため、アークの保有株全体から見れば一部に過ぎません。

とは言え、社会を変革する創造的破壊銘柄に投資するウッド氏の実績を考えれば、これらのスタートアップ企業を検討する価値は十分あるでしょう。

フリーレポート配信

2021年に株価が倍になるようなポテンシャルの高い成長株を4つご紹介します。これらは、短期的なリスクは高いものの長期的に大きなリターンを目指す個人投資家向けの成長株です。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

まだ日本では知名度が低いが2021年注目の米国成長株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アルファベットのエグゼクティブであるSuzanne Freyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Danny Venaは、アルファベット(A株)、アップル株を保有しています。モトリーフール米国本社は、スキルズ株、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、アップル株のオプションを推奨しています(2023年3月の130ドルのショート・コール、2023年3月の120ドルのロング・コール)。
最新記事