The Motley Fool

流動比率とは?比較される当座比率の意味と組み合わせについて解説

出典:Getty Images

流動比率は企業の財務状態が安全かどうか確認するための指標です。

個人投資家だけでなく、金融機関や機関投資家もチェックする指標のため、数値が悪ければ企業は改善しようと行動します。

そこで今回は、流動比率について解説します。

流動比率と比較される当座比率や、流動比率と当座比率の組み合わせについても合わせて解説します。

流動比率とは?

流動比率とは、流動負債に対して流動資産がどの程度あるのかを示す割合です。計算方法は次の式になります。

  • 流動比率(%)=流動資産÷流動負債×100

流動資産も流動負債も賃借対照表に計上されている数値です。

流動資産は短期間(1年以内)に現金化できる可能性のある資産のことを指しており、現金や預金、製品、売掛金、受取手形、有価証券などが該当します。

一方で流動負債は短期間(1年以内)に支払いの期限を迎える債務のことを指しており、買掛金、支払手形、短期借入金、未払い金などが該当します。

つまり、流動比率は1年以内に現金化できる可能性のある資産に対して、1年以内に支払いの期限を迎える債務がどの程度の割合であるのかを示しており、短期間の企業の支払い能力を分析する指標になります。

流動資産を多く保有していると流動比率の値は大きくなり、数値が大きいほど急な返済や経済変化などに対応できるとされています。

反対に流動資産が少ない、あるいは流動負債が多いと流動比率の値は小さくなり、急な返済や経済変化に対応できないと判断できます。

分析する企業の業種によって異なりますが、流動比率は150%から200%もあれば短期的な支払い能力に問題ありません。

当座比率とは?

当座比率とは、当座資産に対して流動負債がどの程度あるのかを示す割合です。

計算方法は次の式になります。

  • 当座比率(%)=当座資産÷流動負債×100

計算式にある当座資産は、流動資産のうち、現金や預金、受取手形、売掛金のことを指します。

流動資産には当座資産のほかに、棚卸資産やその他流動資産の3種類に分類されます。

当座資産は販売活動や事業をおこなわなくてもすぐに現金に出来る資産のことで、換金性が高いのが特徴です。

一方で、棚卸資産は販売活動や事業をおこなわないと現金に出来ない資産で、その他流動作は当座資産と棚卸資産に含まれない資産になります。

そのため、当座資産に比べて換金性が低いという特徴があります。

つまり、当座比率とは流動資産のなかでも換金性の高い当座資産に対して、1年以内に返済しなければならない流動負債がどの程度の割合であるのかを示す比率になります。

流動比率よりもシビアな視点で短期間の債務返済能力を見極める指標となり、一般的に100%以上あれば、短期間の債務返済能力は十分あると判断できます。

流動比率と当座比率の組み合わせ

流動比率と当座比率はどちらも企業の短期間債務返済能力を示す財務指標です。

計算式は次になります。

  • 流動比率(%)=流動資産÷流動負債×100
  • 当座比率(%)=当座資産÷流動負債×100

当座資産は流動資産の一部であり、計算式に流動債務を用いるため、常に流動比率の方が当座比率よりも値が大きくなります。

この法則を踏まえたうえで、流動比率と当座比率の組み合わせは次の3つになります。

  • 流動比率と当座比率が100%を超えている
  • 流動比率は100%を超えているが、当座比率は100%を下回っている
  • 流動比率と当座比率が100%を下回っている

それぞれの組み合わせでポイントになるのは、「棚卸資産が換金できなかった場合の返済が可能なのか」ということです。

流動比率と当座比率が100%を超えている

流動比率と当座比率が100%を上回っている企業は、短期間の債務返済能力が高い企業だと言えます。

なぜなら、棚卸資産が換金できなかったとしても、流動負債の支払いを当座資産だけで賄うことができるからです。

流動比率は100%を超えているが、当座比率は100%を下回っている

流動比率は100%を超えているが、当座比率は100%を下回っている場合は、ある程度安全ですが注意も必要な状態です。

なぜなら、流動比率が100%を上回っているということは流動負債に対する支払い能力は確保できていますが、当座比率は100%を下回っているため、当座資産だけでは流動負債を支払うことはできません。

当座比率の値が低いほど、流動資産における棚卸資産の割合が大きいということになるため、注意が必要になります。

流動比率と当座比率が100%を下回っている

流動比率と当座比率がどちらも100%を下回っている場合は、危険な状態と言えます。

なぜなら、流動負債に対する支払い能力が不足しています。

流動負債は1年以内に返済する債務で、短期間の債務を安定して返せる保証のない企業というのは、綱渡りな経営をしている可能性があり、投資対象としてはリスクがあります。

流動比率や当座比率を改善するために企業が取る行動

流動比率や当座比率の値が悪いと、その企業は銀行や投資家から財務が安定していないと判断されます。

借入金の返済を催促されたり、投資対象から外されたりする可能性があるため、企業は流動比率や当座比率を改善するために次の行動を取ります。

  • 売掛金を回収
  • 棚卸資産を減らす
  • 流動負債を減らす

上記の行動を取ることで流動比率や当座比率は改善しますが、問題点もあります。

例えば、無借金経営をしている企業の流動負債は少なくなるため、流動比率や当座比率が高い値になります。

しかし、借入は設備投資など企業の事業を成長させるためにおこなわれる場合があります。

設備投資など、事業の成長に投資をしない企業は競合他社に負ける可能性があります。

このように、流動比率や当座比率の値だけを見るのではなく、流動資産や流動負債の内容も一緒に確認することで、企業の財務状態や将来性についてより詳しく理解できます。

まとめ

以上が、流動比率の解説になります。流動比率は企業の短期間の返済能力を示しており、当座比率はより詳しい返済能力の指標になります。

流動比率は150%~200%、当座比率は100%以上あれば安心と言われています。

流動比率や当座比率の値が悪いと、有事の際の返済が難しくなると判断され、金融機関や投資家からの評価が厳しくなります。

そのため、値を改善しようと行動しますが、行動内容によっては企業の成長が伸び悩む場合もあります。

値だけを見るのではなく、企業がどのような行動を取っているのかも含めて分析しましょう。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事