The Motley Fool

【米国株動向】ティルレイへの投資で億万長者になれるか?

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021311日投稿記事より

どんな投資家にとっても、比較的少額な保有銘柄が百万ドル超の価値に成長するのはうれしいものです。

そのような可能性を高めるには、非常に大きな成長ポテンシャルを有する銘柄を選ぶ必要があります。

こうしたポテンシャルを持つセクターの1つが大麻関連セクターです。

調査会社のBDSAによれば、世界の大麻関連市場の規模は2026年までに559億ドルになるとみられます。

これは現在から同年までの年平均成長率としては17%超に相当します。

カナダの医療用大麻メーカーのティルレイ(NASDAQ:TLRY)は、この成長から大いに恩恵を受ける可能性があります。

同社は既に世界最大クラスの大麻関連企業ですが、年内に同業のアフリア(NASDAQ:APHA)との合併が完了すればさらに規模は大きくなるでしょう。

しかし、ティルレイへの投資によって億万長者となることはできるのでしょうか。

ティルレイの好材料

ティルレイの株価は2018年の25ドル未満から200ドル超へ急上昇しましたが、熱狂は長続きせず、ピークから急落しました。

現在の株価は当時の水準には程遠く、2020年の大部分は1桁台で推移し、現在は約24ドルとなっています(執筆時点)。

しかし、米国では大麻をめぐる改革が進んでいます。

昨年11月には、新たに4州が住民投票によって大麻を合法化しました。

バージニア州では、2024年に娯楽用大麻の使用を合法化する法案が可決され、州知事の署名待ちとなっています。ニューヨーク州議会も合法化のための法案を検討中です。

ティルレイの株価は年初来で既に約200%上昇しており、大麻関連セクターのベンチマークであるホライゾンズ・マリファナ・ライフ・サイエンスETFの57%を大幅にアウトパフォームしています(執筆時点)。

米大統領選と上下両院選の直前の2020年11月初め以降では、ホライゾンズETFの株価が2倍に上昇する一方、ティルレイの株価は320%超の上昇となっています(執筆時点)。

上記から分かるのは、大麻関連銘柄の株価を極めて高い水準へ押し上げるのは、当面の業績よりも合法化の進展の兆しだということです。

さらに、ティルレイはアフリアと合併し、カナダで最大の大麻関連企業となる見込みです。

米国で大麻が合法化された場合、ティルレイは最も大きな恩恵を受ける可能性があります。

ティルレイのリスク

目下の問題は大麻関連銘柄(特にカナダ企業)の熱狂的な上昇です。

これは米国の大統領選・上下両院選を受けて、合法化をめぐる楽観的な見通しが強まっているためでしょう。

しかし、期待の高まりにもかかわらず、バイデン大統領は以前に大麻の非犯罪化を支持すると示唆しただけで、完全な合法化には言及していません。

非犯罪化だけでは、カナダの大麻メーカーが米国で製品を販売するには不十分です。

投資家が、近い将来に大麻が合法化されない可能性を懸念するようになれば、ティルレイなどのカナダの大麻関連企業の株価は、最近の上昇分のほとんどを吐き出して急落する可能性があります。

大麻の合法化をめぐる熱狂が株価を下支えしなければ、ティルレイが個人投資家を億万長者にすることは難しいでしょう。

また、ティルレイは過去4四半期で3億4,000万カナダドルの赤字、アフリアは昨年11月30日までの6カ月で1億2,570万カナダドルの赤字を計上しています。

両社は調整後利払い・税引き・償却前利益(EBITDA)の黒字を達成したと投資家に主張していますが、いずれも米国会計基準に準拠した数値ではありません。

ティルレイに投資すべきか?

筆者としては、バイデン政権下の米国で娯楽用大麻が完全に合法化されるという確信はありません。

大麻関連業界は楽観的な見方によって先走っており、長期的には期待の過熱が利益よりも大きな害をもたらす可能性があります。

米国の大麻関連市場に投資したいならば、既に米国の複数の州で事業を運営しており、それらの州で強い存在感を持っている企業を選択する方が良いかもしれません。

業界で支配的な地位にある企業としては、キュラリーフ、クレスコ・ラボ、トゥルリーブなどが挙げられます。

ティルレイは長い目で見れば優れたリターンを上げる可能性がありますが、数万ドルが百万ドル以上に変わるような株価の上昇をあなたが期待しているとすれば、恐らく失望することとなるでしょう。

大麻合法化で米国大麻関連株・ETFに追い風か。大麻ETFの最新情報と代表的なETFを紹介

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Devid Jagielskiは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、クレスコ・ラブス株を保有し、推奨しています。
最新記事